体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今までありがとう!最終回はサンキューソングで

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲。120回の長きにわたってご愛読いただいた当コラムも、このたびこうして無事に最終回を迎えることができました! これまでたくさんの応援メッセージや共有シェアをいただき、本当にありがとうございます。
“3月9日はサンキューの日”、これまでの感謝を込めて、とっておきの選曲をお届けします。
「THANK YOU」 (okmusic UP's)

「THANK YOU」/福原美穂
●今までも、そしてこれからも、心から「サンキュー」

「ありがとう」って、その一言にいくらでも気持ちを込められる凄い言葉ですよね。自分を支えてくれる人たち――ファン、家族、友達、スタッフ――。福原美穂さんは、この曲で伝えたいたくさんのサンキューがあって、歌詞に合うメロディを決めるのにとても苦労したそうです。

今年の2月、彼女は200余名のオーケストラ、ゴスペルクワイアと一緒に、5000人のオーディエンスにこの曲を届けました。圧倒的な声と音の塊となって響いた、一人ひとりの「サンキュー」。大切な人と繋いでくれた音楽への、心からの「サンキュー」もたくさん詰まっています。

(選曲・文/藤原学)
https://www.youtube.com/watch?v=d-V79VQGZqE&sns=em

「Thank You」/BARCLAY JAMES HARVEST
●あなたにも、あなたにもサンキュー

ファンキーなギターリフがかっこいいロックンロール・ナンバー。「僕はミート・パイの為にジャネットに感謝、ジョージはヤンキースが試合をドローに持ち込んでくれたことに感謝」などなど、ユーモアを交えて日常生活での感謝を報告する歌詞は、聴いているとほのぼのとした気持ちになります。

演奏しているのはイギリスのグループ、バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト。アルバム『Baby James Harvest』(1972年)に収録されています。「宴もたけなわ」な、おめでたい席でも活躍しそうな、明るい大団円を演出するサンキューソングです。

(選曲・文/ジェシー芝池)

「Time To Say Goodbye」/Francesco Sartori
●音楽を愛する心はいつもあなたと一緒に!

元はイタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリのために書かれた曲で、原題は伊語で「Con Te Partirò」、一緒に旅立とう、という意味です。 イギリスのソプラノ歌手、サラ・ブライトマンがボチェッリと共演した際、歌詞の一部を「Time To Say Goodbye」と訳して発表したものが、全世界で1200万枚を売り上げるヒットとなったことから、原題よりも、こちらのほうが有名になってしまいました。

タイトルからは別れの曲という印象を受けやすいのですが、歌詞をたどると、”愛するあなたといつも一緒に”、という誓いの言葉が、美しいイタリア語で歌われています。

(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=DVbOxh7tQCc

「We wish you well」/WHITESNAKE
●ロックショウの終わりを告げるファンお馴染みの名曲

ハードロック界を代表するヴォーカリスト、デヴィッド・カヴァデール率いるWHITESNAKE。1970年代から2010年代の現在に至るまで第一線で活躍し続ける彼らが、ライヴ終了のBGMとして必ず使用するのがこの「We Wish You Well」というバラード。1979年のアルバム『LOVE HUNTER』のラストに収録されています。

「困難の時にあっても、君の心が強くありますように。また逢う日まで……」

わずか1分30秒ほどの短い曲ながら、ファンとの束の間の別れ、そして再会の誓いを表現するにはこれ以上ない曲だと言えます。また逢う日まで……。

(選曲・文/伊藤威明)

「Thank U」/Alanis Morissette
●裸の心で身の廻りのあらゆるすべてに感謝します

恐怖、幻滅、儚さ、脆さ、そして静寂……それらすべてに「ありがとう」と言ってのける彼女の歌詞には、ある種の覚悟を感じます。一糸まとわぬ姿で歌うMVの中にも、その潔さが現れています。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。