ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsungが新しいGalaxyスマートフォン「Galaxy S Advance」を発表、4インチSuper AMOLEDディスプレイ・1GHzデュアルコアCPU・768MB RAMを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは1月30日、Galaxy Sの新モデル「Galaxy S Advance GT-I9070」を発表しました。Galaxy S Advanceは、Samsungが2010年に発売したGalaxy Sのデュアルコア版といった感じの端末。4インチWVGAサイズのSuper AMOLEDディスプレイ、1GHzのデュアルコアプロセッサーを搭載。厚さ9.69mm・質量約120gと本体は比較的スリムで軽量。OSはAndroid 2.3.6(Gignerbread)。Android 4.0へのアップグレードに関する情報はありませんが、RAM容量が768MBなので対応すると思われます。対応周波数はGSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSDPA 14,4Mbps(900/2100MHz)。Galaxy S Advanceは2月にロシアで発売されるのを皮切りに、欧州、旧CIS地域、南米、東南・南西アジア、中東、アフリカ、中国でも発売される予定。日本での発売は明記されていません。Galaxy S Advanceのスペック OS:Android 2.3.6(Gingerbread)、Samsung TouchWiz、LivePanel サイズ: 123.2mm×63.0mm×9.69mm、質量120g ディスプレイ:4.0インチ、解像度800×480ピクセル(WVGA)、Super AMOLED チップセット:1GHzデュアルコア(ST-Ericsson DB8500) GPU:ARM Mali-400MP メモリ:768MB RAM、8/16GB eMMC 外部メモリ:microSD/microSDHC(32GBまで対応) リアカメラ:500万画素CMOS、AF、フラッシュ、720p@30fpsVideo Recording フロントカメラ:130万画素CMOS 対応周波数:GSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSDPA 14.4Mbps(900/2100MHz) ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 3.0+HS 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB センサー類:加速度、ジャイロ、近接、ライト、デジタルコンパス、GSP/A-GPS対応、FMラジオ バッテリー:リチウムイオン1,500mAh ソフトウェア:GMS(Google Mobile Services)、ThinkFree(オフィスアプリ)、Samsung Apps、Samsung Kies 2.0、Samsung ChatON、Social Hub、Sound AliveSource : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
バッファローコクヨサプライ、NTTドコモの「Xperia NX SO-02D」、「MEDIAS ES N-05D」用アクセサリーを発表
KDDI、au Wi-Fi SPOTを横浜市営地下鉄、横浜市営バスで開始
Galaxy Tab 7.7 GT-P6800のroot化手順、ClockworkModリカバリの導入手順

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。