ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元HKT48“ゆうこす”菅本裕子さん「逃げ続けた結果、好きなことを発信していこうと思った」 再ブレイクまでの葛藤

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
元HKT48“ゆうこす”菅本裕子さん「逃げ続けた結果、好きなことを発信していこうと思った」 再ブレイクまでの葛藤 アイキャッチ_“ゆうこす”菅本裕子さん “ゆうこす”菅本裕子さん取材_01

ネオぶりっ子ブームの生みの親ともいわれている、 “ゆうこす”こと菅本裕子さん。アイドルグループHKT48の第1期生メンバーとして芸能界デビュー後、1年ほどで脱退。その後、2016年にアイドルオーディション「ミスiD」で準グランプリを受賞して再デビューを果たしました。

脱退後、一時期は人前に出ることすらできなかったという彼女が、どのようにして再デビューまで至ったのでしょうか。つらい時期の葛藤や今後の進路の考え方などを伺いました。

 

勉強から逃げたくて入ったアイドルへの道

“ゆうこす”菅本裕子さん取材_02

――HKT48に入ろうと思ったのはなぜですか?

菅本裕子さん(以下、菅本):もともとアイドルは好きだったのですが、自分がなりたいとは思っていなかったんです。でも、偶然HKT48のメンバー募集を目にして。当時通っていた高校が進学校で、宿題がすごく多かったんです。勉強から逃げたい軽いノリから「アイドルになったら宿題やらずに済むかな(笑)」と友だちとエントリーしちゃいました。

――そこからメンバー入りしたのに、脱退されたのはどうしてですか?

菅本:周りの子たちは本気でアイドルを目指しているので、中途半端な自分が申し訳なく感じちゃったんですよね。ちょうど高校3年生で、周りも進路を考えている時期だったので、「私はどうなるんだろう」という不安もありました。

そこで自分なりに考えて、HKT48を脱退してお料理の専門学校に進もうって決めたんです。だけど、ありもしない脱退理由のウワサやデマが流れてしまって。地元にも居づらくて、逃げるように東京の専門学校へ進学しました。今なら、無視していれば風化するのにって思えるんですけどね。

 

再び芸能界に入るも、疑心暗鬼になりまた逃げるように実家へ

“ゆうこす”菅本裕子さん取材_03

――アイドルを辞めて、今後は料理の仕事をしていこうと考えていたのでしょうか?

菅本:具体的なことは考えてなくて、とりあえず芸能の仕事はもうしないとは思っていました。でも、芸能界の人から「料理本を出して文化人としてリスタートしよう」とスカウトされて、汚名返上というか、ウワサに対して「違う!」というのを伝えたいという気持ちがあったのでまた戻ってきてしまいました。

ただ、“元HKT48”というのに過敏になり過ぎてしまって……。「ゆうこすちゃんですよね?」って声をかけられるだけで、「きっと陰でいろいろ言われてるんだ」って思うようになってしまいました。結局、人前に出ることができなくなってしまったんです。専門学校の卒業と同時に実家へ戻ることにしました。

――ご実家ではどのように過ごされていたのですか?

菅本:家事をしたり、妹に勉強を教えたりしながら、ずっと家に引きこもっていましたね。でも、親が周囲から「ウワサは本当だったんじゃないか」、「まだ働いてないのか」などとだんだん言われるようになっていて。それがつらくて、また逃げるように東京へ出てきました。

何かあるたびに福岡と東京間を行き来して、私はずっと逃げ続けてきたんですよね。

 

今まで感じていた芸能の世界とは全く違うと感じてミスiDに

“ゆうこす”菅本裕子さん取材_04

――そんななか、ミスiDに応募しようと思ったのはどうしてですか?

菅本:たまたま見かけたミスiDのホームページに掲げられていた「私だけがいない世界へ」というキャッチフレーズに、惹き込まれたんです。歴代の受賞者は、みんな自分の個性を大切にしながらキラキラしていて、衝撃でしたね。

私が今まで感じていた芸能の世界とは全く違ったし、そのときやりたいことも見つからずにいたので、刺激ほしさもあってエントリーしました。

――オーディションでは、どんなことをアピールしていたんですか?

菅本:「モテたい」「男の子が好き!」ということです。「かわいくなりたい」と思わせてくれる根源は男性なので、私にとって男性は貴くて大好きな存在なんです。かわいいと思われたくて努力できるのは男性のおかげなので、そういう意味で大好きなんです。

――「モテ」をテーマにしたのには何か理由があったんですか?

菅本:私は生まれた瞬間からぶりっ子だし、アイドルという仕事柄、周りもぶりっ子が多かったんですよね。だから、男の子が好きだし自分をかわいくみせたいという気持ちは、どの女性も当たり前に感じているものだと思っていたんですよ。だからあえて言葉にしていなかったのですが、それが私のアイデンティティーだって言われて(笑)。それから発信するようになりました。

 

つらかった過去を通してファンが気づかせてくれた「愛されるためのポジティブ思考」

“ゆうこす”菅本裕子さん取材_05

――モテる女性でいるために、どんな努力をされていますか?

菅本: 私は「モテ=愛されること」だと思うので、男女問わずみんなから愛されることが、私にとってのモテなんです。みんなから愛される女性って、ポジティブで自信のある人だと思うんですよ。

実家に引きこもっていたときはすごくネガティブでしたが、モテを意識してからは、どんなにつらいことがあってもポジティブに転換しようという考えになりました。

――それは何かきっかけがあったのですか?

菅本:ミスiDに応募する前は、応援してくれる声にも「私なんかを応援して楽しいのかな?」とかネガティブなことばかり考えていました。だけど、「好きだよ」って言ってくれる人がいるのにネガティブでいるのは失礼だし、もったいないなって気づいたんです。

そこからだんだんポジティブに考えられるようになったので、ファンのみんなのおかげだと思っています。

――つらい経験が糧になったんですね。

菅本:ファンの人たちがいて初めて成り立つって、本当ははじめから気づいていなきゃいけないことなんですよね。でも、私は大きなアイドルグループからスタートしたことで当たり前に感じてしまい、ネガティブなときは逃げ回るクセがついて、ずっと見て見ぬふりをしていたのかもしれません。

当時はつらかったけど、その経験があったからこそ今はファンのみんなの大切さをすごく実感できます。

 

輝く秘訣は、好きなものを追求すること

“ゆうこす”菅本裕子さん取材_06

――今後はどのように活動していきたいですか?

菅本:私にファンがつくなんて想像もしていなかったので、イベントのときに「どうして私のファンなの?」と聞いたことがあったんです。そうしたら、つらい過去を乗り越えて今すごく輝いている姿に、「私も頑張ろう」「私もできるかも」って、夢を抱いてくれている子がすごく多くて。

イベントでは「モテ教室」といってポジティブになるためのお話をしているのですが、今後はファッションやアイテムなどあらゆる面から、モテたい女性全員を肯定して生きていきたいですね。

  プロフィール:菅本裕子さん

2011年7月にHKT48に加入後、2012年8月にグループから卒業。その後は料理タレントとして活動し、2015年に「ミスiD 2016」準グランプリを受賞。「モテるために生きている」をテーマに掲げ、TwitterやInstagram、リアルイベントなどで活動。2016年11月には新たにYouTubeアカウントも開設し、さらなるモテ発信も。

 

文:千葉こころ 撮影:安井信介

関連記事リンク(外部サイト)

数式で思いは通じるのか!? 「数学のお兄さん」に数式を使った告白法を教えてもらった
【卒業式あるある ~高校編~】卒アル黒歴史は鉄板ネタ!?
【Youは母国でどんなバイトしてた?Vol.2】 英会話講師にも聞いてみた!

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。