体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸住宅を楽しい暮らしの舞台に! 「大家の学校」で伝えたいこと【前編】

賃貸住宅を楽しい暮らしの舞台に! 「大家の学校」で伝えたいこと【前編】

2016年11月から東京都千代田区にあるアーツ千代田3331で「大家の学校」という新しいスクールが始まった。企画・運営をする「校長」の青木純さん(株式会社まめくらし)に話を聞いた。

賃貸住宅を楽しい暮らしの舞台に! 入居者に選ばれ続ける大家さん

家を探すとき、あなたはどんな条件で探すだろうか? エリア、面積、家賃、最寄駅からのアクセス。もちろんそれも大事だが、あなたが(もしかしたら)知らない、家選びの大切なポイントがある。

「大家の学校」の校長である青木さんは「行列のできる賃貸住宅」の大家さんとして知られる。空室率25%超にまで落ち込んだ賃貸マンションをいわゆる二代目オーナーとして受け継いだが、「選べる壁紙」をはじめとしたカスタマイズやDIYができる賃貸、ヨガや野菜を育てられる屋上やパーティーができる共用リビングなど、入居者が愛着をもつきっかけを次々と実施。結果、マンションには空室待ちの問い合わせが寄せられ、入居期間も伸びていった。

また「賃貸住宅でも、暮らしはもっと楽しくできる」というメッセージでTEDxTokyo2014にも登壇し、一般観衆からスタンディングオベーションが起こるほどの共感を集めた。練馬区でゼロからつくり上げた共同住宅「青豆ハウス」は周辺相場の約1.5倍の家賃にもかかわらず満室。入居者たちが住宅内でお祭りを企画してご近所さんを招くなど、ユニークな取り組みが注目を集めている。【画像1】「大家の学校」教室での青木さん。右はアシスタントの宮田サラさん(写真撮影/hato)

【画像1】「大家の学校」教室での青木さん。右はアシスタントの宮田サラさん(写真撮影/hato)

大家は楽な仕事ではない。でも、やりがいのある、いい仕事

そんな青木さんが、なぜ今「大家の学校」を始めようと思ったのだろうか?

「これだけ空き家が増えている今、誰でも大家さんになり得るんです」(青木さん)

人口減少が進む日本では、これからも空き家が増える。世代的に、親から不動産を受け継ぐ人も多い。「二代目オーナー」を名乗ると「お金持ち」と思われがちだが、青木さん自身に言わせれば「潰れそうな商店を引き継ぐようなもの」。老朽化した建物はメンテナンスコストもかかる。人口増加・経済成長の時代とは違い、ただ持っているだけでは空室が増えるばかり。決して楽な仕事ではない。

「大家さんが、誰もやりたくない仕事になってしまっている。でも大家業は、経営力も人間力も問われる。僕はやりがいのある、いい仕事だと思っているんです。そんな思いに共感してもらい、 ”大家さんになりたい” 人を増やしたい、と思ったのがきっかけです」(青木さん)

青木さんは小学校に呼ばれ、自分の仕事について子どもたちに話す機会もある。「大家さんを小学生のなりたい職業ランキングの上位にしたい」というのが、青木さんの夢だ。

正解なんてない。「大家の学校」は講師が赤裸々に語る生きたドキュメンタリー

では、講義はどのような内容なのだろうか? 「大家の学校」は賃貸を取り巻くさまざまなジャンルのトップランナーたちが各回2名登壇し、講師の話をじっくり聞く座学形式の1部と青木さんを交えて語るトーク形式の2部から成る講義だ。2016年11月から2017年3月まで全8回の講義で構成されている。名前からして賃貸オーナー向けの専門的なスクールかと思いきや、「不動産オーナーでなくても、誰でも受講できる」という。【画像2】「大家の学校」1部では講師がじっくりと経験を語る(画像提供/株式会社まめくらし)

【画像2】「大家の学校」1部では講師がじっくりと経験を語る(画像提供/株式会社まめくらし)

「大家の学校は、大家を始めたころの僕自身が知りたかったこと、これを知っていればもっと早くここまで来れたのに、と思うような知識や経験をぎゅっと集めたメディアなんです」(青木さん)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。