ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

動画ダウンロードソフトは目的サイトで使い分け

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
動画ダウンロードソフトは目的サイトで使い分け

動画サイトのコンテンツは、ダウンロードツールを使いこなせばすべて保存できます。もちろん、違法にアップロードされた動画のダウンロードはNGです。動画のダウンロードソフトは数多くありますが、その挙動から「ソフト型・アドオン型・支援型・自動保存型」の4つに分類できます。

対応サイトが多いダウンロードソフト

対応サイトが多いダウンロードソフトは、ソフト型とアドオン型。支援型は対応サイトが少ないものの、ソフト型やアドオン型でダウンロードできないサイトに対応します。

また、自動保存型は動画を再生するだけで、ファイルを保存できるお手軽なツールです。詳しく見ていきましょう。

ソフト型ダウンロードソフトは、詳細なダウンロードの設定ができるのが長所になります。一方で、ソフトの起動や導入に手間がかかるのが短所です。「Youtube-DLG」は対応サイトの多さがメリット。URLを貼り付けるだけで、難なくダウンロードできます。

自動保存型ダウンロードソフトの短所

アドオン型ダウンロードソフトの長所は、ブラウザだけで完結するのでお手軽な点。短所は利用できるブラウザが限られていることになります。「Video DownloadHelper」は、ブラウザで再生している動画を、直接ダウンロードできるので超便利。対応サイトも多いのも魅力です。

支援型のダウンロードソフトは、特殊なサイトや動画に対応するのが長所ですが、一方で対応サイトが限られるのが短所。たとえば、中華系サイトは、ソフト型やアドオン型でダウンロードできないケースがあります。これら万能型で失敗する場合に「Xmlbar Video Downloader」を試してみましょう。

自動保存型ダウンロードソフトの長所は、視聴した動画が自動保存されるので楽ということ。意図せず違法ダウンロードしてしまう可能性があるのが短所になります。「VSO Downloader」はブラウザで再生した動画を自動でPCに保存してしまいます。ただし、対応サイトは少なめです。(文/中谷仁)

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。