体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーONKYO 「rubato」、Pioneer 「private」を先行体験してきた

 

2017年3月8日(水)オンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社によるプレス向け発表会が開催されました。

 

今回発表になった、ハイレゾ対応ポータブルデジタルオーディオプレイヤー「DP-S1」「XDP-30R」と、ハイレゾ対応インナーイヤーヘッドホン「CH9」他2機種を一足先に体験してきたので、ご紹介します。

 

ONKYO 「rubato」DP-S1

 

ONKYOブランドから3月中旬に発売される、「rubato(ルバート)」型番DP−S1(市場想定価格45,000円前後)はハイレゾに対応したポータブルデジタルオーディオプレイヤーです。名前の由来はイタリア語のtempo rubato(自由なテンポで)という音楽用語から来ており、自分の感情の赴くままに音楽を楽しんで欲しい。という思いが込められています。

 

※本体側面には、曲戻り・再生/一時停止・曲送りボタンにmicro SD スロットが2つ。

 

※上部左側にあるのが2.5mm4極バランスヘッドホン端子、続いて3.5mmアンバランス端子に電源ボタン。

 

※背面は高級感のあるデザインにONKYOの刻印があり、全体的に無骨なオーディオ機器らしい印象です。ちなみに左側に見える大きいダイヤルのようなものはボリュームです。

 

Pioneer 「private」XDP-30R

 

パイオニアブランドから同じく3月中旬に発売予定のポータブルデジタルオーディオプレイヤーである「private(プライベート)」型番XDP-30R(市場想定価格40,000円前後)こちらは自分だけの空間で音楽を楽しむというコンセプトが反映されています。

 

ボタンや端子などの配置は全く一緒ですが、若干デザインが変わっています。

 

最も違いを感じたのは、背面の角が面取りされているデイン部分。単純にこの形状は持ったときに、手にフィットするので、個人的にはこちらのほうが好みです。

 

ずっと使い続けられる1台

アップデートによって進化していくソフトウェアが当たり前になっている現代で、それを活かす事ができる基本的な能力の高いハードウェアを作り、長く使えるものを提供する事がオンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社のコンセプトであり、スタンダードだそうで、スタンダーを生み出すための今回の製品のポイントは以下3点。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。