体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荷物が多い方は畳のお部屋がおすすめ? フローリングと畳を比較して分かったこと

荷物が多い方は畳のお部屋がおすすめ? フローリングと畳を比較して分かったこと
9417454aea22d3f840528cbf8f46feb4_s
床の種類である、フローリングや畳、カーペット。畳とフローリングを比較すると、なんとなく清潔そうだし、人気がありそうなフローリングがよいなという方もいますよね。
では、畳のお部屋はどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、畳のお部屋に向いている方とその理由をご紹介。また、デメリットやその解消法もお伝えします。どんな床が人気なの?

全国の男女に居室の床についてアンケートを実施しました。「居室の床はどんな素材がよい?」

「居室の床はどんな素材がよい?」

※全国にいる20代~30代の男女330名に調査。(2016年12月16日CHINTAI調べ)

結果は、フローリングが圧倒的に人気でした。やはり一番なじみのある床材だし、今住んでいる家もフローリングという方が多いのではないでしょうか?
でも実は、フローリングと比較してみても、畳にはよいところがたくさん! 下記の項目では、畳のお部屋に住むメリットをみていきましょう。フローリングと比較!畳のお部屋のメリット収納が広い

押入れ
畳の部屋でなぜ収納? と思う方もいるかもしれません。でも、フローリングと比較した際に、畳の部屋(和室)は収納が広いのが最大のメリット! クローゼットではなく、押入れや天袋などが付いていることが多いため、収納力は上がります。

荷物の多い方も、お部屋探しの条件に和室を候補にいれてみると、気に入る物件が見つかるかも!
寒さや暑さにあまり左右されない

暑がり寒がり
フローリングのお部屋だと、特に冬は床が冷たく手足が冷えますよね。でも、畳であれば、季節によってそこまで温度が変わりません。冷え症の女性でも安心かも!
寒い日でも、暑い日でも、床に寝っ転がったときに快適! 畳の香りなどの効果により、よりリラックスできそう。

また、調湿効果があるので、冬の乾燥時には湿度を放出。夏には吸湿してくれるので、室内で過ごしやすくなります。 冷房や暖房をつけ過ぎるのが苦手な方には、最適なお部屋かも。
足音があまり響かない

1ffdc143c9d1bf81785a5b0baaa30cfa_s

音が響きやすいフローリング。対して畳は、い草が空気を含むため、遮音効果があります。小さいお子さんがいて足音が気になる方は、あえて畳張りの和室を選ぶのもありですね!
隣や下の階に住んでいる方に気を使わなくても済みそうです。
落ち着く/洋風のインテリアにも変更可能

畳とフローリングを比較した際に、一番異なる点は「見た目」とも言えます。和のテイストや落ち着いたインテリアが好きな方には、畳の和室がおすすめ!畳の独特な落ち着いた雰囲気にはつい惹かれますよね。
また、インテリアにはそこまでこだわりのない方は畳でもよいかも。最近は、ベッドでも下に収納器具が付いている和風のタイプもあります。それを活用すれば、収納も増えてお部屋にも合うし、一石二鳥ですね!

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。