体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

角部屋と中部屋を比較。中部屋の意外なメリットとは?

角部屋と中部屋を比較。中部屋の意外なメリットとは? お部屋の位置TOP

お部屋探しの際に人気のあるマンションやアパートの「角部屋」。お部屋の何ヶ所かに窓があったり、隣人の生活音が少なかったりと、「角部屋」はメリットが多い気がしますよね。
では、両隣に他の部屋がある「中部屋」は、よくないものなのでしょうか?
今回は、「中部屋」の隠れたメリットをご紹介!また、角部屋と中部屋では、それぞれどんな方が住むのに向いているのかをまとめました。
みんなお部屋の位置にこだわっているの?

全国の男女に、マンションやアパートの位置に関するアンケートを実施しました。

「住むならどの位置の部屋がよい?」

「住むならどの位置の部屋がよい?」
※全国にいる20代~30代の男女330名に調査。(2017年12月16日CHINTAI調べ)

お部屋の位置にこだわっている方が約7割と大半を占める結果に!(図1)
また、こだわる方の希望の位置の内訳としては、半数以上の方が角部屋を希望しているようです。(図2)窓の数が多そうだし、両隣にお部屋があるわけではないので気楽そうですよね。

でも、CHINTAIでは角部屋も中部屋もどちらも納得の理由をもっておすすめします!
下記では、その理由とそれぞれのお部屋に合うのはどんな方なのかをみていきましょう。 
中部屋がおすすめの方暑がり/寒がりの方

b54a245f17448b1988f627ccf6c183ff_s

中部屋は、左右に部屋がある分、外気温の影響を受けにくい点がよいところ!暑がりや寒がり、両方の方におすすめできます。また、両隣にお部屋があるため、エアコンやヒーター等も効きやすい中部屋。お部屋が暖まりやすいので、光熱費の節約にも。節約しながら暮らしたい堅実派にも嬉しいメリットですね!

一方で、2面に窓や採光面があるため、外気温の影響を受けやすい角部屋。夏は暑く、冬は寒くなりやすい傾向があります。
マンションやアパートの外からの騒音が気になる方

騒音_s
中部屋は窓が角部屋に比べると少ないため、外からの音も入りにくくなっています。反対に角部屋だと、隣人の生活音が気にならなくても、外に面している部分が多く車の音などが気になることも……。
大通り沿いに住みたいと考えている方は、中部屋なら騒音に悩まされない生活を送れそう!
多くの物件から選びたい方

物件数
当たり前ですが、角部屋は1つの階にだいたい2部屋しかないので、お部屋の数が多くありません。また、角部屋は中部屋よりも人気があったり、窓の施工費が多くかかるため家賃が高くなることもあります。

実際に、角部屋に比べ中部屋の物件数がどのくらい多いのか確認してみましょう。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。