体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おかえりが聞こえる町・雑色

おかえりが聞こえる町・雑色
「雑色」
知っている人もいるが、聞いたことがない人もいるであろう町。

東京都大田区仲六郷二丁目にあり、京急川崎駅から京急本線で3分のところにある駅です。
“雑色”と書き、「ぞうしき」と呼ぶ街の由来は、鎌倉時代、宮中の雑役の役目をしていたむかしの地名によるものです。明治末期に六郷村に編入されたため、地名が駅名に残りました。

1

雑色駅について目に入るのが、駅前からJR京浜東北線の線路まで続く商店街。
東京都大田区で最多の店舗数を誇るにぎやかな商店街です。

2(改)

今回は「人」と関わる温かい町、おかえりがある町をテーマに紹介します。
帰宅時間、夕方の商店街には、スーツ姿、主婦、学生、たくさんの人がそれぞれの一日を終え帰宅しています。
一人暮らしをしていると、誰しも一度は「寂しさ」を感じることがあるのではないでしょうか。
「雑色」はそれを感じさせない、第二の故郷になってくれるでしょう。

12(改)

商店街を歩く、
それぞれの道の前に立ち話をする奥様方、
通りかかる子どもに声をかけるお店のおじちゃん。
夜ごはんの総菜を買えば、お店の人や近所の人とも会話を楽しむことができます。

3

商店街を3分ほど歩いたところにある、黄色に赤文字で書かれたレトロな雰囲気のある肉のミゾグチ。お肉だけではなく、厚切りハムカツやコロッケ、なんとカレーや、チャーハンまで置いてあります!毎日の夜ごはんはここへ行けば満足いくと言っても過言ではありません。

6 5

コロッケを買い食べながら店主と話をしていると、子ども連れの家族や、サラリーマンが続々と増え、その日あったことの話をし始めました。ここにはおかえりと、お疲れ様、ふたつの声があるようです。

そこから1分ほど先に歩くと見えてくるのが加藤さんご夫妻で営む、おもちゃ屋さん、丸喜屋です。

11

今年82歳になる加藤さんご夫妻が50年以上やっているお店です。
「商店街が廃れて古いお店がなくなっていくからこそやっている、ボケ防止にもなるしね」と笑って話してくれました。

10
昔の話から今の雑色のことまで優しく教えてくれる、このお店の中には温かい優しさでいっぱいでした。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。