ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外で見つけた不思議な日本語5選〜「ぎんーざ」「アジアの心臓」って!?〜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

海外には、不思議な日本語の看板やキャッチコピーがたくさんあります。意味のよく分からない日本語がプリントされたTシャツだったり、現地のスーパーやコンビニで売られているスナック菓子のネーミングだったり。

どれも悪気はない・・・というか、むしろ、日本語ってエキゾチックでかっこいい! という雰囲気がヒシヒシと伝わる、海外で見つけた不思議な日本語を国別にご紹介します。各国を旅した気分でお楽しみください。

アジアの心臓/フランス

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

まずは、フランスにあるドイツ系ディスカウントスーパー「Lidl」で見つけた、非常にインパクトの強い「アジアの心臓」から。薬の説明なら分かるけれど、食品に心臓はおかしいでしょ!! とツッコミを入れたくなります。こちらのスーパーでは年に数回、アジアの食品フェアを行っていて、そのときのキャッチコピーが「アジアの心臓」なのです。おそらくアジアの中心という意味かな?

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

ちなみに冷凍食品のエビには「Tempura」と書かれていますが、「天ぷらではなく、エビ春巻きですよ」と教えてあげたいところ。

エネルギーの小さな巨人/台湾

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選
左がホンモノのブラックサンダー

続いて、アジアへと参りましょう。台湾の観光名所・九份(キュウフン)にある駄菓子屋へ。日本発のチョコレート菓子「ブラックサンダー」がここでも売られているよと思いきや、雷Barサンダーでした。ブラックサンダーのパクリとしか思えませんが、コピーを見て思わず微笑んでしまいます。「エネルギーの小さな巨人」って・・・。そんな巨人がいたら、全くもって役立たずでしょ!!

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

ブラックサンダーの販売元「ユーラク」では、大小さまざまなブラックサンダーの取り扱いがあるので、エネルギーの小さな巨人をこっそり置いても違和感ないけれど・・・。

ぎんーざ/オーストラリア

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

移民大国オーストラリア。特にビジネスの中心地・シドニーで暮らす人たちは、国際色がとても豊かです。チャイナタウン、コリアタウン、タイタウンなど、シドニーに足を運べば、現地の料理だけでなく、アジアを旅した気分で本格的なアジアンフードが堪能できるんです! 

リトルジャパンは存在しないものの、日本の味が恋しくなれば、和食ももちろん楽しめます。でも「ぎんーざ」では、きちんとした和食が食べられるのか不安・・・。おそらく中華系だと思われる経営者に「ぎんーざではなく、ぎんざです!」と教えてあげたい。

あっという間のお買い物/インドネシア

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

インドネシアにやってきました。でも、今回は出張なのでお土産を買う時間がありません。そんなときに便利なのが、空港内のショップ。「あっという間のお買い物」ができるとは、忙しいツーリストやビジネスマンの内情を察しているかのよう。きっと「飛行機に乗る前に、サクッとショッピング」的な言い回しがしたかったのでしょうが、こちらのコピーは秀逸だと思いませんか?

甘い醤油/フランス

思わずプププ・・・海外で見つけた不思議な日本語5選

長旅を経て、フランスへ戻ってまいりました。自炊を思い立ち、しょう油を買いに現地のスーパーへ足を運ぶと、目に入ったのが「甘い醤油」。えっ(絶句)・・・!!  しょう油が甘いなんて、たまり醤油という前置きがない限り、ありえません。しょう油に枕詞をつけてしまったのかな? と思いきや、フランスでは甘いしょう油を好む人が多いのだとか。なるほど、ちょっとしたカルチャーショックです。

お楽しみいただけましたか? 海外旅行だけでなく、国内の中華街やエスニックタウンを訪れる際には、おかしな日本語探しにもアンテナを張ってみてはいかがでしょう。

[All photos by sweetsholic]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。