体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『い・ろ・は・す スパークリングぶどう』春夏にぴったり!豊かな香りと爽やかさを備えた和の炭酸飲料

コカ・コーラシステムの大人気天然水「い・ろ・は・す」から、長野県産のぶどうエキスを加えた炭酸水『い・ろ・は・す スパークリングぶどう』が新発売!世代や性別を超えて支持される“ぶどう味”だが、他のぶどうフレーバー炭酸飲料との違いとは!?

 “グレープ”ではなく“ぶどう”味!ラベルも刷新してより一層爽やかに

コカ・コーラシステム「い・ろ・は ・す」は、日本国内の厳選した6カ所から採取した天然水。もちろん『い・ろ・は・す スパークリングぶどう』(515ml・メーカー希望小売価格 税別130円・2017年2月27日発売)も、この「い・ろ・は・す」をベースにした炭酸飲料だ。

 

「い・ろ・は・す」のフルーツフレーバーでは毎回、日本各地の特産フルーツエキスを使用してきたが、今回は長野県産の手摘みぶどうエキスを採用!ぶどうの炭酸飲料というと「グレープ」と銘打つことが多いが、今回は「ぶどう」。国産にこだわっていることが伝わってくる。

なんとなく今までのデザインと違うと思ったが、この『い・ろ・は・す スパークリングぶどう』発売に伴い、すでに発売中の「い・ろ・は・す スパークリングれもん」と共にパッケージを刷新。有機溶剤使用量などを削減した、環境に優しい新ラベルを導入したという。

通常の「い・ろ・は・す」のボトルは、飲んだ後にコンパクトにつぶせる柔らかさが特長だが、この『い・ろ・は・す スパークリングぶどう』は炭酸水ということもあり、少し硬さのあるボトル。どことなくロケットのようなフォルムで可愛らしい!

カロリーは100mlあたり19kcalと低カロリー。保存料不使用なのも安心だ。

思いのほか強炭酸!?優しい甘さと爽快感がやみつきに!

キャップをひねると、プシュッ!と勢いのある良い音。グラスにそそぐと、シュワシュワ~!と元気いっぱい。天然水という柔らかなイメージから、勝手に微炭酸を想像していたが、思ったよりしっかりと炭酸が効いている。

そして、鼻を近づけなくても漂ってくるぶどうの香り。見た目は無色透明なのに、この豊かな香りとのギャップがすごい…。

 

一口飲むと、きめ細やかな泡を感じた後、炭酸の刺激がスッと消えていく。炭酸とともに感じられるぶどうフレーバーは、炭酸が消え去った後もほんのりと口の中に残っている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。