ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イタリアの巨匠作曲家、新アルバムに込めた思い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イタリアの巨匠作曲家、新アルバムに込めた思い
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー、「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。3月7日(火)のオンエアでは、ゲストにイタリアの作曲家でピアニストのルドヴィコ・エイナウディさんをお招きしました。

1955年、トリノ生まれのエイナウディさん。イタリア現代音楽の作曲家ルチアーノ・ベリオ氏の元で音楽を学び、クラシックをベースに、民族音楽、ロック、ポップ、フォーク、エレクトロなど幅広い音楽の要素を取り入れ、全世界の音楽ファンを魅了しています。

坂倉:普段、曲のインスピレーションはどういう時に降りてくるのですか?
エイナウディ:僕はインスピレーションを常に探しています。待っていても降りてこないかもしれないですからね。本を読んだり、自然のある場所に行ったり…僕は待つタイプじゃなくて、探すタイプなんです(笑)。

この日はスタジオで、ニューアルバム「Elements」から「Four Dimensions」をピアノオンリーのスペシャルエディションで生演奏してくれました。坂倉も「心が洗われました!」と大感激していましたが、演奏後、「『Elements(要素)』というと、音楽ではハーモニー、リズム、メロディなどいろんな要素があります。いろんなものを混ぜてひとつのものが出来上がる。それは音楽だけじゃなく、数字でも科学でもなんでもそうです。僕を囲むものやいろんな人の考え方…いくら考えても答えが出ないこともあるし、でもそれが人生の『Elements』なんですよね」とこのアルバムに込めた思いを語ってくれました。

4月16日(日)には、すみだトリフォニーホールで来日公演も行われるエイナウディさん。

「バンドを引き連れて日本に戻ってきます。6名編成になっていて、『Elements』からたくさん演奏するんですが、ずっと僕の音楽を好きでいてくれるファンのために、その前の楽曲も演奏しますので、みなさん、ぜひ楽しみにしてください」(エイナウディさん)

詳細はエイナウディさんの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。