ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

カノエラナの「楽しいバストの数え歌」に亀田感動

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カノエラナの「楽しいバストの数え歌」に亀田感動
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。3月8日(水)のオンエアでは、30秒動画で話題のシンガーソングライター、カノエラナさんをお迎えしました。まずは自己紹介から。

カノエ:佐賀県唐津市出身、カノエが苗字で、ラナが名前です!
亀田:どっちで呼んだらいいですか?
カノエ:じゃあ「カノエくん」でお願いします(笑)!
亀田:「カノエさん」じゃダメですか?
カノエ:「カノエくん」で(笑)。

ということで、「カノエくん」と呼ぶことになりました(笑)。カノエさんは現在21歳。高校卒業後に上京し、昨年、メジャーデビューしました。リアルな歌詞と、ポップで変幻自在なメロディーとアレンジが人気で、先月にはセカンドミニアルバム「カノエ上等。」をリリースしています。

子どもの頃からピアノを習いたいと思っていたカノエさん。親を説得して小学校3年生でようやく習わせてもらったそうです。ピアノを習い、音楽に触れる機会が増えると、今度は歌がやりたいと思うようになりますが、その気持ちは誰にも言わなかったそうです。

カノエ:でも小学生の時、「お前はちゃんと音楽をやれ」「歌の仕事をやりたいなら、口に出して言え」って、いろんな先生に言われたんです。
亀田:先生が言ってくるなんて、すごい学校! 芸能活動を禁止する学校はあるけど、先生たちが背中を押してくれたんだ!

その時は、歌うことを仕事にすることについては、ボンヤリと考える程度だったそうですが、中学2年生の時に音楽祭があると知って、面白がってデモテープを送ったところ、審査に通り、本選で優秀賞を獲得したそうです。ちなみに、本選で歌ったのはEGO-WRAPPIN’の「くちばしにチェリー」だったとか!

亀田:難しい曲を歌ったね。
カノエ:中2で歌う歌じゃないですよね(笑)。
亀田:でも、音楽家としての心意気がカノエくんの音楽に現れてるよね。

さらに、カノエさんはツイッターで公開している30秒ソングが話題です。きっかけは、ツイッターに動画をアップできる機能がついたこと。初めてアップした時に歌った曲は「チューリップ」だったとか。すると、いつもよりも「リツイート」や「お気に入り」が多く、「これを続けていけばライブに来てくれる人が増えるかも」と思ったんだそうです。

亀田:反応によってはヘコむことはないの?
カノエ:あるけど、あまり気にしてません。初めはツラいときもあったけど、今は「カノエラナ」であることと、自分自身を分けようと思って。「カノエラナが言われていることは、私には言われてない、知らん!」と思ってます。
亀田:(その名言)いただきました!

ちなみに、反響が良い曲は、日常を切り取った変わった歌が多いとか。番組では「楽しいバストの数え歌」を披露してくれました。亀田は「すごい!」と感動。作品によってはフルサイズで作ることもあり、「楽しいバストの数え歌」のフルバージョンもあるそうですよ。今後も好きなタイミングで動画をあげていくそうなので、目が離せませんね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。