ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Polar、単体で心拍数を計測・記録できるBluetoothハートレートモニター「Polar H10」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フィットネスデバイスメーカー Polar は 3 月 8 日、単体で心拍数を計測・記録できる Bluetooth ハートレートモニター「Polar H10」を発表しました。価格は 11,800 円 + 税で、3 月 16 日に発売されます。Polar H10 は既存の H7 ハートレートモニターの後継モデルとなっており、本体内のメモリに計測した心拍数データを記録して後からスマートフォンアプリに転送し、Polar Flow にマージすることができます。最近、心拍数を記録する方法としてはリストバンド方式が多くなっていますが、胸ベルト式だと心臓パルスから直接計測するので脈拍から計測するリストバンド式よりも精度が高く、心拍の急激な変化にも追従できます。そのため、エリート級アスリートや心拍トレーニングでは胸ベルトが選択されています。Polar H10 は他の Polar ウォッチと連動して心拍数を計測するほか、スマートフォンアプリ「Polar Beat」を用いてトレーニングの開始を行うと、単体で心拍数を計測します。トレーニング後に Polar Beat でトレーニングを終了すると、データをスマートフォンに転送し、Polar Flow にアップロードします。Polar H10 はデュアルの Bluetotoh 接続に対応しているので(発売後のファームウェアアップデートで対応)、例えば、アスリートが身に着けている Polar ウォッチとトレーナーのスマートフォンの両方に心拍数を転送することができます(水泳のシーンを想定)。また、(発売後のファームウェアアップデートで対応予定)GoPro HERO 4 / 5 とペアリングすると、映像の上に心拍数を表示する動画撮影も可能です。このほか、何度か触れましたが、Polar H10 本体のファームウェアアップデートも可能になりました(Polar Beat 経由)。Source : Polar

■関連記事
Wileyfox、全機種をAndroid 7.1.1 Nougatにアップデート、2週間中にSwift 2シリーズから開始
Androidからのインターネット利用率がWindowsと並ぶ(StatCounter調査)
ピクセラのVR視聴アプリ「パノミル」がマルチビュー視聴や4Kストリーミングなどに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。