ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乙女心がキュン♪九州のひなまつりイベントを厳選!4つのドライブコース(2017年)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1703_kyusyu_3_082

旅好きの女子のみなさん、この春のおでかけ先は決まりましたか?

今回は、春の女子旅にピッタリの絢爛豪華なひなまつりスポットを厳選してご紹介します。

艶やかなさげもんや城下町で出会う由緒正しきおひな様、年4回だけ一般公開される豪華なおひな様に市内100ヶ所で開催されるひなまつりと、どれも乙女心キュンキュンのスポットばかり。

九州を代表する4つのおひなイベントへ、出かけてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

1.歩いて、船から楽しむ。桃色に染まる水郷の町【福岡県柳川市】

柳川のひなまつりといえば「さげもん」。赤ちゃんの幸せを願って、着物の端布などで作る縁起物。ひな人形とともに町のあちこちを華やかに彩る!

柳川雛祭り さげもんめぐり

艶やかなさげもんに心躍る。水郷ならではのイベントも。

柳川雛祭り さげもんめぐり柳川藩主立花邸。本館の「御役間」を中心に展示される

<御花>

開場:9時~18時

入場料:500円

※期間中休みなし柳川雛祭り さげもんめぐりどんこ船に公募で選ばれたお内裏様やお雛様、着物姿の幼女が乗り込み川を下っていく

<おひな様水上パレード>

開催日時:3月19日(日)※雨天時26日(日)に延期、11時~12時20分

開催期間/~4月3日(月)まで

鶴や亀など縁起のよい小物がずらりと連なる“さげもん”と共にひな人形を観賞するのが柳川流ひなまつり。「御花」や柳川商店街、沖端商店会などで楽しめる。水上パレードや流し雛など、日にち限定イベントも。 柳川雛祭り さげもんめぐり

問合せ/柳川市観光案内所

TEL/0944-74-0891

住所/福岡県柳川市内各所(柳川商店街ほか)

営業時間/施設により異なる

定休日/施設により異なる

料金/施設により異なる

アクセス/九州道みやま柳川ICより20分

駐車場/各所に有料駐車場あり

「柳川雛祭り さげもんめぐり」の詳細はこちら

皿屋 福柳

おにぎりで手軽に楽しむ。柳川名物、せいろ蒸し。

皿屋 福柳昼膳は平日1日20食限定(11時30分~LO14時30分)

使うウナギも秘伝のタレも、2度蒸し製法もそのまんま!「うなむす」はせいろ蒸しをもっと気軽に楽しんでもらうべく15年ほど前に考案されたもの。サーモンの南蛮漬などが付く御膳の他、2個540円でテイクアウトも。 皿屋 福柳(さらや ふくりゅう)

TEL/0944-72-2404

住所/福岡県柳川市沖端町29-1

営業時間/11時30分~15時(14時30分)

定休日/木、第4水(祝日の場合は振替え)

料金/うなむす昼膳1500円

アクセス/九州道みやま柳川ICより20分

駐車場/17台

「皿屋 福柳」の詳細はこちら

和雑貨・和こもの 椿や

全国から選りすぐった日本生まれの“いいモノ”。

和雑貨・和こもの 椿や季節感を手軽に取り入れられる手ぬぐいは150種以上!1枚840円~

和雑貨・和こもの 椿や和雑貨・和こもの 椿や柳川市観光案内所の近く

日本の伝統や季節を身近に楽しめるセレクトショップ。手ぬぐいや風呂敷、器などがところ狭しと並ぶ。人気の定番アイテムから、ひなまつりなどシーズン商品も揃い、何度来ても飽きないラインナップ。 和雑貨・和こもの 椿や

TEL/0944-74-0954

住所/福岡県柳川市沖端町46-2

営業時間/11時~17時

定休日/なし

アクセス/九州道みやま柳川ICより20分

駐車場/なし

「和雑貨・和こもの 椿や」の詳細はこちら

2.佐賀城下町で出会う由緒正しきおひなさま【佐賀県佐賀市】

鍋島藩の城下町として栄えた佐賀市に残るおひなさまをはじめ、貴重なひな人形が展示されるひなまつり。期間中はイベントもイロイロ!

佐賀城下ひなまつり

佐賀錦や鍋島小紋をまとう豪華絢爛なひな人形も!

1703_kyusyu_3_082長さ6mと5m、2つの大ひな壇飾りが迫力満点の鍋島家伝来のおひなさま 写真/公益財団法人鍋島報效会所蔵

<徴古館>

開場:10時~17時

入場料:徴古館券300円

※期間中休みなし佐賀城下ひなまつり「日本とヨーロッパのからくり人形展」を開催 写真/古屋均撮影

<佐賀市歴史民俗館(旧古賀銀行)>

開場:10時~17時

入場料:佐賀市歴史民俗館券400円

※期間中休みなし

開催期間/~3月31日(金)まで

鍋島家に伝わる巨大なひな壇飾りが展示される「徴古館」、伝統工芸手織り佐賀錦や鍋島小紋の衣装を着たおひなさまが出迎える「佐賀市歴史民俗館」がメイン会場。生花のおひなさまや充実の街中イベントも人気。 佐賀城下ひなまつり

問合せ/佐賀市観光協会

TEL/0952-20-2200

住所/佐賀県佐賀市内各所(佐賀市歴史民俗館、徴古館ほか)

営業時間/10時~17時

定休日/期間中なし

料金/共通券600円

アクセス/長崎道佐賀大和ICより20分

駐車場/佐賀市歴史民俗館60台、徴古館有料駐車場あり

「佐賀城下ひなまつり」の詳細はこちら

ものづくりカフェ こねくり家

見る、創る、味わう、使い方自由自在なカフェ。

ものづくりカフェ こねくり家富士町の農家から仕入れる野菜がベースの一汁三菜ランチ

ものづくりカフェ こねくり家高級草履を扱っていた「久富家」の主屋をリノベーション

ここ数年、個性的なお店が続々誕生し注目度UPの「柳町」。IT企業が手がけるコチラもそのひとつ。最新機器を活用したモノづくりが楽しめる一方で、地元農家や陶芸家など職人の“作品”をおいしく味わうことも。 ものづくりカフェ こねくり家

TEL/0952-37-6905

住所/佐賀県佐賀市柳町4-16旧久富家住宅

営業時間/11時~22時(LO21時)※日祝は~18時※ランチは11時30分~15時

定休日/月、最終週の火

料金/一汁三菜ランチ730円

アクセス/長崎道佐賀大和ICより20分

駐車場/歴史民俗館、旧福田家など共同駐車場利用

「ものづくりカフェ こねくり家」の詳細はこちら

しるこ一平

創業から86年頑固一徹、製法に素材にこだわる名店。

しるこ一平朝5時から仕込むという餡はまろやか。絶妙な塩加減で甘さすっきり

しるこ一平古き良き昭和にタイムスリップ!

創業86年の甘味処。看板商品は「あわぜん」。粟のアク取りに4日を要する製法も、「よかヤツしか使わん」という素材へのこだわりも昔のまま。粟のもっちり粒々感、口当たりのよい餡が絶妙マッチ! しるこ一平

TEL/0952-25-0535

住所/佐賀県佐賀市白山1-2-20

営業時間/11時30分~17時30分(LO)

定休日/不定

料金/あわぜん670円

アクセス/長崎道佐賀大和ICより20分

駐車場/なし

「しるこ一平」の詳細はこちら

3.豆田散策と共に楽しむ豪華なおひな様めぐり【大分県日田市】

「九州の小京都」と称される豆田地区を中心に開催されるひなまつり。風情ある街並をのんびり歩きながら、約20カ所ある会場をめぐろう。

天領日田おひなまつり

天領日田に伝わる由緒正しきおひな様。

天領日田おひなまつり享保雛から明治時代の豪華なひな人形がずらり!

<草野本家>

開場:~3月26日(日)までの10時~16時30分

入場料:550円

※期間中休みなし天領日田おひなまつり幕末の儒学者・廣瀬淡窓の生家で展示される享保雛や立雛

<廣瀬資料館>

開場:9時~17時

入場料:450円

※期間中休みなし天領日田おひなまつり3月5日(日)には無料で参加できる「流しびな」イベントも

天領日田おひなまつり

開催期間/~3月31日(金)まで

江戸時代、徳川幕府の天領(直轄領)として栄えた日田には、当時の豪商が全国から取り寄せた豪華なおひな様が今も健在。なかでも年4回だけ一般公開される草野本家に伝わるひな人形は圧巻。 天領日田おひなまつり

問合せ/日田市観光協会

TEL/0973-22-2036

住所/大分県日田市豆田町・天瀬町・隈町ほか

営業時間/展示場所で異なる

定休日/展示場所で異なる

料金/展示場所で異なる

アクセス/大分道日田ICより5分~10分※天瀬町は日田ICより30分

駐車場/市営駐車場利用

「天領日田おひなまつり」の詳細はこちら

彌助すし

名物「ひたん寿し」が進化、華やかなちらし寿司に!

彌助すしいちごもトッピング!意外なネタだが酢飯との相性がイイ!

彌助すし「たか菜巻」の元祖の店としても知られる

柔軟な発想でヒットメニューを次々と生みだす店。新作は、旬の野菜が主役の「ひたん寿し」をアレンジしたちらし寿司。10種のネタを華やかにトッピング。ひたん寿しに欠かせぬ山のイクラこと、ヤマメの卵も入る。 彌助(やすけ)すし

TEL/0973-22-2216

住所/大分県日田市本庄町3-9

営業時間/10時30分~20時

定休日/不定

料金/ちらし寿司ひたん寿しバージョン1500円

アクセス/大分道日田ICより5分

駐車場/10台

「彌助すし」の詳細はこちら

御菓子司 京橘

もっちりしっとりジュワ~。おいしい食感三重奏。

御菓子司 京橘いちご大福は6月まで。甘さ控えめで2個、3個とイケる

御菓子司 京橘豆田にある人気店

元禄時代の建物が風情たっぷりの和菓子店。季節ごとの大福が並ぶなかでも、人気は春のいちご大福。やさしい甘さの白餡、ジューシーな大粒いちご、そして口どけ抜群のやわらかい求肥が織りなすおいしさは感動もの。 御菓子司 京橘(おかしつかさ きょうたちばな)

TEL/0973-23-5258

住所/大分県日田市豆田町8-36

営業時間/8時~18時

定休日/火

料金/いちご大福150円

アクセス/大分道日田ICより10分

駐車場/なし

4.展示はなんと100カ所。街中がおひな一色に!【熊本県人吉市】

展示100カ所という圧巻規模で開催。中心部や水上村、一勝地温泉など、大きく12エリアに分かれる。行きたい会場を事前にチェックしよう。

人吉球磨は、ひなまつり

商店街に、風情ある蔵に、個性豊かなおひなさま。

人吉球磨は、ひなまつり九日町、五日町の商店で個性あるおひなさまを展示

<ひとよしおひな通り>

入場:10時~17時30分

入場料:無料

※期間中休みなし人吉球磨は、ひなまつり多良木町エリア。つるしびなが彩る「交流館石倉」がメイン

<たらぎひなまつり散歩道>

入場:10時~17時

入場料:無料

※期間中休みなし

開催期間/~3月20日(月・祝)まで

城下町、老舗に受け継がれる格式あるおひな様に、手作りのおひな様や、つるしびな、木材を曲げて作る「まげびな」など、とにかくバラエティ豊か!「すべての女性を優しく迎える」をテーマに、女性限定のおもてなし企画も充実。45店舗で受けられるうれしい特典も。 人吉球磨は、ひなまつり

問合せ/人吉観光案内所

TEL/0966-22-2411

住所/熊本県人吉市・球磨地方一帯

営業時間/施設により異なる

定休日/施設により異なる

料金/施設により異なる

アクセス/九州道人吉ICより10分

駐車場/周辺駐車場利用

「人吉球磨は、ひなまつり」の詳細はこちら

ひまわり亭

お母さんたちが腕をふるう愛情たっぷりのごちそう。

ひまわり亭どこか懐かしいおふくろの味が揃う月替り御膳

地元野菜や無農薬米を使い、元気なお母さんたちが愛情たっぷりに作る郷土料理が楽しめる。300以上のレシピの中から10~12品、月替りで提供される。お煮しめやきんぴら、白和えなど、どれもしみじみおいしい。 ひまわり亭

TEL/0966-22-1044

住所/熊本県人吉市矢黒町1880-2

営業時間/11時30分~14時30分、18時~22時(夜は要予約)

定休日/年末年始

料金/月替り御膳1620円

アクセス/九州道人吉ICより10分

駐車場/20台

「ひまわり亭」の詳細はこちら

お茶の五木園 梅花庵

石臼びき抹茶を使った上品なスイーツが勢ぞろい。

お茶の五木園 梅花庵甘さ控えめ。抹茶の風味が濃厚!ちょっと小さめサイズ600円もある

お茶の五木園 梅花庵カフェを併設するのはココ、上薩摩瀬店のみ

明治15(1882)年創業の茶園が手がけるカフェ。お茶をふんだんに使った和スイーツが楽しめる。人気の抹茶パフェは石臼びき抹茶で作るゼリーとミルキーなソフトクリームが好相性。下に潜むほくほく食感の金時豆が名脇役。 お茶の五木園 梅花庵

TEL/0966-22-3224

住所/熊本県人吉市上薩摩瀬町873

営業時間/9時30分~18時(喫茶は10時~LO17時)

定休日/元旦のみ

料金/抹茶パフェ780円

アクセス/九州道人吉ICより10分

駐車場/20台

「お茶の五木園 梅花庵」の詳細はこちら

※この記事は2017年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

子どもの絶叫デビューにオススメ!ちょびっとスリルな乗り物たち【東海】
この春、花火や混浴デビューしてみない?岐阜でおすすめのしっぽりデート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。