体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

巨大な橋を架橋現場まで安全に運搬せよ!───出島表門橋架橋プロジェクト・渡邉竜一氏たちの挑戦 完結編1

生活・趣味

約70年前から長崎市が進めている出島復元整備事業とその一環である出島表門橋架橋プロジェクトの詳細、そして渡邉氏がこの橋の設計に込めた思い、この橋の骨組みが完成するまでの過程はこれまで2回に分けて紹介した。

【第1回】「2つの壁」を乗り越え、“出島”に再び橋を架けろ!――出島表門橋架橋プロジェクト・渡邉竜一氏たちの挑戦

【第2回】「こんな橋ならいらない」という住民も…それでも巻き込み“出島”に橋を!――出島表門橋架橋プロジェクト・渡邉竜一氏たちの挑戦

その橋がついに2月27日、130年ぶりに江戸町と出島の間に架けられた。かつて江戸の人々が行き来していたのと同じ場所に。今回はその模様をレポートする。

プロジェクトスタートから約3年半後の2016年12月、設計者の渡邉竜一氏や長崎市、実際に製作作業を行った職人たちなど、橋の製作に関わったすべての人たちの熱い思いがこもった出島表門橋が完成した。しかしこの橋が造られた場所は架設現場から約60kmも離れた大島造船所。全長38.5m、幅4.5m、重さ50tもの橋をどうやって架設現場まで運ぶのか。この運搬作業もこのプロジェクトチームの前に立ちはだかった大きな壁の1つだった。

協議の結果、チームが導き出した方法は橋を台船に乗せて船で現場近くの水辺の森公園まで運搬。トレーラーに積み込み、陸路で現場まで運ぶという運搬作戦だった。

水辺の森公園から架設現場までは約1km。途中、右折しなければならない90度以下の鋭角の交差点もある。しかも現場の江戸町は町の中心部で道路幅が広いとはいっても車の交通量は多いし、路面電車も縱橫に走っている。そんな場所を真っ昼間から全長38.5m、幅4.5mの橋を運ぶことは不可能に近い。そこで車の交通量が減り、路面電車も運行を終了している深夜0時から運搬ルートを完全封鎖して運搬するという作戦が立案された。

その“出島表門橋運搬大作戦”の一部始終を写真で紹介しよう。

大島造船所→神ノ島埠頭

【2月21日17:00】大島造船所から橋を台船に積み込み、出港

橋を乗せた台船は水先挺(パイロットボート)に曳航されて、一旦、神ノ島埠頭へ。水辺の森公園までは外海を航行せねばならず、外海は強風が吹いたり、高い波やうねりが発生することが多々あるため、大事を取って早めに出港。同日22時過ぎに神ノ島埠頭に到着した。

f:id:k_kushida:20170307182953j:plain

▲大島造船所を出港した、橋を積載した台船

神ノ島埠頭→水辺の森公園

【25日11:00】神ノ島埠頭を出港f:id:k_kushida:20170306165118j:plain
1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会