体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーときどき村田倫子 #9 アーガン

春夏秋冬、朝昼晩カレーが食べたい!」そんなカレー好きによる、カレー好きのための連載。持ち物は、お財布とカメラと、ほとばしるカレー愛。自他共に認める、無類のカレー好き村田倫子ちゃんが、都内のカレー屋さんを訪ねます。

今回訪れた街は、新大久保。
え、新大久保でカレー? サムギョプサルとかじゃなくて?!と思ったあなたにこそ足を踏み入れてほしい、魅惑のネパールカレー!

インドとネパールのどちらの料理もやっています、というお店には結構出会えるのですが、ここの魅力は、ネパールの民族料理1本勝負ということ!
き、君の名は!ならぬ、店の名は…「アーガン」!

このビルでいいの?!と、若干訝しながら4Fへ。
扉を開けるやいなや、異国情緒が漂いまくっている!
マニ車やカマド、現地の伝統的な楽器などなど、豪華なレプリカたちに迎えられ、とりあえず、着いてすぐ 一行は“ネパール”に妄想旅!

スタッフさんに日本人はいないようで、我々の観光感は増し増しに!
微笑んでくれる優しいスタッフさんたちに見守られながら、広々とした店内を練り歩き、楽器を吹いてみたり…

はたまた、カマドに当たってみたり…と、とひとしきり、妄想旅を堪能したのち、いざ、オーダーへ!

メニューを一通り見ながら、これも食べてみたい! こっちも美味しそう!と未知の味わいに思いを馳せる倫子ちゃん。
と言っても、倫子ちゃんは、毎回オーダーを決めるのがかなり早い方だと思うのです!
好奇心とインスピレーション、そして思い切り。
良きオーダーの“心”得は、この連載を通して、私たちが倫子隊長から学んだことの一つです。

頼んだのは、アーガンスペシャルタカリセット。
彩り鮮やか、種類豊富! 見るも豪勢なセットです。
ご飯、チキンカレー、マトンカレー、豆スープ、漬物、サラダ、野菜カレー、乾燥発酵野菜の漬物、青菜炒め、バターオイル、パパドゥ、トマトの漬物、デザート。なんと、〆て13種類!
1350円なので、およそ1種類100円ほどという計算。コスパ!!!
 

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。