ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブルエン、「SCHOOL OF LOCK!」卒業LIVEプロジェクトで高校生を前にサプライズライブ開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ブルエン、「SCHOOL OF LOCK!」卒業LIVEプロジェクトで高校生を前にサプライズライブ開催

BLUE ENCOUNTが、2月28日に熊本県 湧心館高校でサプライズライブを行った。

今回行われたライブはTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の番組「SCHOOL OF LOCK!」の卒業LIVEプロジェクト「MY GENERATION 2017 supported by J:COM」によるもの。毎週水曜日にレギュラーコーナー「ブルエンLOCKS!」の講師をつとめているBLUE ENCOUNTが、湧心館高校の体育館で、全校生徒の前でサプライズの卒業ライブを開催。

「MY GENERATION 2017 supported by J:COM」開催校となった熊本県の湧心館高校では、卒業式前日の2月28日、突然の校内放送で「今から湧心館高校3年生の卒業ライブを行います!全校生徒、今すぐ第2体育館に集合するように!」と、「SCHOOL OF LOCK!」のとーやま校長、あしざわ教頭がアナウンスすると、それまで何も知らされずに卒業式の練習や教室清掃を行っていた生徒たちが歓喜の叫びとともに体育館に飛び込んできた。

体育館に特別に設置されたステージにとーやま校長、あしざわ教頭が登場し、驚きを隠せない生徒たちにサプライズライブを告げると、会場からは大歓声が沸き起こった。

BLUE ENCOUNTボーカル田邊駿一の「湧心館高校の卒業ライブ、はじまるよー!」の掛け声を合図に「LAST HERO」の演奏でライブはスタート。

半数以上がこれまでにライブ経験がないといい、最初は動きを見せなかった生徒たち。田邊駿一が「この曲は、みんなでタオルを回すんだけど、今タオルを持っていなくてもみんなには(制服の)ネクタイとリボンがあるよな?先生、今だけ外していいですか?みんなで回せー!」と呼びかけ、次の曲「LIVER」を演奏すると、体育館中でネクタイとリボンが回転し、会場は一体感に包まれた。

さらに田邊駿一は、卒業を控えた3年生に向けて「3年間つるんだ友だちのこと絶対忘れんなよ。でも、もしずっとひとりでいたってヤツがいたら、そいつはすごい強いヤツだからな。どんな時もお前らに向き合って学校が楽しいって教えてくれた先生たちのこと、絶対忘れんなよ。」とメッセージを贈り、「もっと光を」を演奏すると、会場からは涙をぬぐう姿も。

最後は、これからのみんなの未来へのエールを込めた「はじまり」の演奏でBLUE ENCOUNTによる卒業ライブは大盛況のもと幕を閉じた。

今回のライブが湧心館高校に決まったキッカケは、1年生の頃からの親友であるというある2人の生徒の連携プレーから。さらにそれを支えたのは、担任の先生から番組に届いた生徒たちへの熱く、温かいメッセージ。

この模様は、3月22日SCHOOL OF LOCK!番組内にてオンエア。番組では2人の生徒の応募のいきさつや、当日まで開催を全く知らなかったというライブの感想、今回のサプライズライブ開催に向け事前から準備をしていた担任の先生の話も放送予定。

さらに、J:COMテレビで3月25日、J:COMチャンネルで3月30日に特別番組も放送される。

番組情報
「SCHOOL OF LOCK!」
放送日時:毎週月曜日~木曜日22:00~23:55 / 毎週金曜日22:00~22:55
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/lock

関連リンク

BLUE ENCOUNT オフィシャルサイトhttp://blueencount.jp/
BLUE ENCOUNT公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/blueencountSMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。