体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「胸毛が不快・・・」男気あふれるポスターで話題になった蘇民祭にニコ生が潜入

2012年度「蘇民祭」ポスター

 岩手県で1000年以上の歴史をもつ男たちの裸祭り「蘇民祭」が2012年1月29日に奥州市の黒石寺で開催される。

 「蘇民祭」では「ジャッソー、ジョヤサ」の掛け声にあわせて川で身を清める「裸参り」や、「井」型に組まれた木の上で、火の粉を浴びながら身を清める「柴燈木登り(ひたきのぼり)」などが行われる。特に有名なのは、災厄を免れるという小さな護符が入った麻袋を裸の男衆が奪い合いをする「蘇民袋争奪戦」だ。

 「蘇民祭」は、その男気あふれるポスターでも毎年注目されている。2008年には「男性の胸毛が不快感を与えるおそれがある」としてJR東日本が駅での掲示を拒否。奥州市がCG処理で下帯を加えても、「全体の雰囲気は変わらない」(JR側)とされ、掲示を断念したこともあった。2012年のポスターでは「動」をテーマに、白帯姿の子供と大人が、冷水を浴びるシーンの写真が採用され、ネット上では、「毎年(男気が溢れていて)ぶれないポスターだ」「今年もこの季節がやってきたか」と、ポスターをみて今年の蘇民祭を期待する声が上がっている。

男同士、裸でぶつかり合う

 ニコニコ生放送では、この祭を密着取材した模様を翌日1月30日に放送する。当日はニコニコニュース記者も参加し、彼の体を張った体験ルポがニコニコニュースに掲載される予定だ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 【録画放送】 ニコ生・奇祭取材隊 『蘇民祭 in 岩手・黒石寺』 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv79301632?po=news&ref=news

(松本圭司)

【関連記事】
ニコ動で「ステマ祭り」開催中 「ステマにみんなで参加しましょう」
メイドがはんだ付けに挑戦 秋葉原で新旧の店が集うイベント
「ネットも祭りもあるがペンギンには近づけない」元越冬隊員が語る南極観測の実態とは?
踊るとカワイイ・・・!? カツオ人間が「よさこい祭り」に参加
「侵略!イカ娘」や「鏡音リン」の”巨大張りぼて”登場 阿佐谷七夕祭

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。