体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HKT48vs欅坂46の“東西対決”、奇跡の同点シュートから楽曲交換まで大盛り上がり

HKT48vs欅坂46の“東西対決”、奇跡の同点シュートから楽曲交換まで大盛り上がり

 2017年3月7日、ロッテ主催の音楽イベント【つぶやきFES 博欅場所 ~GUM ROCK FES 2~】が東京・両国国技館にて開催となり、HKT48と欅坂46の2組が様々な形で対決を繰り広げた。

【つぶやきFES 博欅場所 ~GUM ROCK FES 2~】写真

 このイベントでは対決の方法を事前に一般募集しており、集まった863の企画案の中から6種類の対決方法を採用。初めに行司を務めるお笑いコンビのウーマンラッシュアワーが登場すると、村本大輔が「思ったよりもみなさんあたたかい。殺害予告しか出されたことないので」と話し笑いを誘う。対決前の選手宣誓では欅坂46・菅井友香から「後輩ですけど現時点で全く負ける気がしておりません!」と強気の発言も飛び出すなど、冒頭から観客を大いにヒート・アップさせた。

 第1戦は『スポーツで爽やか!バスケ フリースロー対決』。HKT48からは木村碧唯、朝長美桜、松岡はな、欅坂46からは長沢菜々香、土生瑞穂、平手友梨奈が参戦。5番手の朝長がシュートを外した時点で、戦績はHKT48が1ポイント、欅坂46は0ポイント。ラストの平手に勝負の行方が委ねられる展開に。結果、緊張とプレッシャーを跳ねのけた平手が鮮やかなフォームでシュートを決め、なんとか引き分けに持ち込むと、初戦にもかかわらず会場はクライマックス・レベルの盛り上がりを見せる。村本も「見ましたか!? これがスターです!」と興奮のコメント。

 体を使った競技の次は頭脳戦、ということで第2戦は『洗練された女性を目指せ! 暗算対決』。HKT48からは渕川舞、下野由貴、今村麻莉愛、欅坂46からは尾関梨香、長濱ねる、米谷奈々未が参戦した。まず初戦の1ケタ暗算では、メンバーでご飯を食べに行くときにいつも割り勘の計算を担当しているという渕上、そして計算は苦手だと話す尾関がともに正解。続く2ケタ暗算は下野と長濱の同い年対決。正解の「122」を見事答えた長濱に対し、下野は「123」と惜しくも間違えてしまい、欅坂46が一歩リードする形に。最後の3ケタ暗算では、現在13歳中学一年生の今村と高校二年生の米谷がともに大きく答えを外してしまい、結果は1対0で欅坂46の勝利となった。

 続く『スッキリな息10秒対決』は、ACUOを噛んだ後に息を吐き続け、ぴったり10秒を計るといったもの。噛んだガムの感想として「世界中のガムの中で一番おいしいです」と話したHKT48・宮脇咲良が11.96秒だったのに対し、欅坂46・志田愛佳は10.48秒と誤差1秒以内に収めてみせ、欅坂46チームが2つ目の白星を獲得することとなった。志田は、村上の「何故勝てたのか?それはロッテのガムが?」という投げかけに「美味しいから」と笑顔で答え、商品のPRもしっかり務めてみせた。

 ここで前半戦が終了。昨年11月にスタートした、HKT48と欅坂46のメンバーが出演するCM企画案をTwitterで募集する『HKT48vs欅坂46 つぶやきCMグランプリ』の表彰式へと移る。ステージにはグランプリを獲得した投稿者に加え、抽選で当選した立会人50名が登壇。グランプリ獲得者にはCMに出演したメンバーからパネルが授与され、最後には全員で記念撮影を行った。

 その後、エキシビションマッチ『東西楽曲交換対決』で互いの楽曲カヴァーが披露されると、会場のボルテージは待ってましたとばかりに急上昇。欅坂46はHKT48のデビュー・シングル「スキ!スキ!スキップ!」をパフォーマンス。曲の世界観に合わせて表情もしっかりと作り込むイメージが強い欅坂46だが、このカヴァー曲ではニコやかな素の表情を見せながら歌って踊る姿が印象的だった。続いて欅の木を模したフォーメーションをとったHKT48は、早速上がった「おぉ!?」という歓声のなか「二人セゾン」のパフォーマンスに突入。こちらはやはり本家よりも活発な印象。宮脇も平手のソロダンスを見事に再現してみせる。どちらのグループも甲乙つけがたいパフォーマンスを披露し、エキシビションマッチの勝敗は引き分けという結果に。

 後半戦は会場の両国国技館にちなんだ『かわいい尻相撲対決』からスタート。HKT48からは田中美久、松岡菜摘、田島芽瑠、欅坂46からは織田奈那、菅井友香、守屋茜が参戦した。織田が田中を、菅井が松岡をそれぞれ速攻で降し、まずは欅坂46が2連勝。最終戦では「えいえい」「おー!」と、観客と息の合ったコール&レスポンスをきめた田島が気合十分の守屋を降してなんとか一勝をもぎ取ってみせる。しかし戦績としては2対1で、欅坂46の勝利となった。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。