体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次世代Snapdragon MSM8960を搭載した端末のNenamark2スコア

Qualcommの次世代Snapdragonの一つ「MSM8960」を搭載した端末のNenamark2スコアが同アプリの公式サイトに登録されていました。Nenamark2はOpenGL ES 2.0のグラフィックス性能を測定するアプリで、今回の端末の場合、1.024×600ピクセルという解像度でありながらも、これまでスコア上位を占めてきたGalaxy S IIモデルを退けトップに立つ54.90fpsを記録していました。OSはAndroid 4.0.3、CPUクロックは1.5GHzとなています。MSM8960はQualcommの新しいCPUコア”Krait”を2つ搭載するデュアルコアのSoC。GPUも新しい「Adreno 225」が搭載されています。OpenGL ES 1.1、Open GL ES 2.0、Windows 8のためのDirect X9.3などをサポート。統合型シェーダアーキテクチャーを採用し、汎用シェーダの柔軟性と性能の向上したことや、前世代Adreno 220の2倍のメモリ帯域幅を持つことなどにより、性能は既存のAdreno 220よりも50%高いと言われています。初代のAdreno 200と比較すると6倍高いそうです。ちなみに、シングルコアMSM8930には、Adreno 200より6倍高性能とされるAdreno 305が、クアッドコアのAPQ8064には、Adreno 200より15倍高性能とされるAdreno 320が搭載されています。Source : Nenamark2


(juggly.cn)記事関連リンク
仕様変更されAndroid 4.0を搭載したLumigon T1がMWC 2012で発表?
ClockworkModリカバリの開発者、画面タッチで操作できるClockworkModリカバリを開発中
女性Androidユーザにオススメ!美容室・ヘアスタイルを検索できる「美美美コム」のAndroidアプリがリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。