ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

フリート・フォクシーズ、待望の新曲解禁&6月にニューALリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フリート・フォクシーズ、待望の新曲解禁&6月にニューALリリース

 米インディー・フォーク・バンド、フリート・フォクシーズが約6年ぶりとなる新作『Crack-Up』を2017年6月16日に<ノンサッチ・レコード>からリリースすることが明らかになった。

 2011年の『ヘルプレスネス・ブルーズ』から約6年ぶりとなる新作は、全11曲収録で、ミックスをフィル・エクが担当、メンバーのロビン・ペックノールドとスカイラー・シェルセットが共同プロデューサーを務めている。アートワークには、日本人写真家、濱谷浩の写真が起用されている。
 
 公開された約9分におよぶアルバム収録曲「Third Of May / Odaigahara」は、ピアノ、12弦ギター、ストリングスが絡み合う、ドラマチックな展開が印象的なナンバーで、タイトルは日本の大台ヶ原山からとられたもの。リリック・ビデオは、ロビンの兄ショーンとアディ・グッドリッチが手掛けている。

◎「Third Of May / Odaigahara」リリック・ビデオ
https://youtu.be/6GqgNebPm50

◎『Crack-Up』トラックリスト
01. I Am All That I Need / Arroyo Seco / Thumbprint Scar
02. Cassius, –
03. – Naiads, Cassadies
04. Kept Woman
05. Third of May / Odaigahara
06. If You Need To, Keep Time on Me
07. Mearcstapa
08. On Another Ocean (January / June)
09. Fool’s Errand
10. I Should See Memphis
11. Crack-Up

◎リリース情報
『Crack-Up』
フリート・フォクシーズ
2017/6/16 RELEASE
https://goo.gl/xutmCT

関連記事リンク(外部サイト)

元フリート・フォクシーズ、ファーザー・ジョン・ミスティの新作アルバムに森生き 岡田、カーネーション 直枝らがコメント
リアム・ギャラガー、ソロ・デビュー作のタイトル発表……気になるその内容とは?
ショーン・レノン、故キャリー・フィッシャーと共作したバラードを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。