ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「SmartHalo」、スマートフォンのナビと連携してサイクリング中のナビをLEDの矢印で表示する

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは 3 月 8 日、クラウドファンディングサイト「+Style」を通じて 3 月下旬以降に LED が光で進むべき方向を伝える自転車用ナビデバイス「SmartHalo」を発売すると発表しました。SmartHalo はスマートフォンと連携させて利用するサイクルコンピューターのようなアイテムです。ハンドルバー付近に SmartHalo を固定すると、スマートフォンと連携してナビや走行距離の表示、盗難防止のアラートといった機能を提供します。SmartHalo の興味深いところは、ナビを LED の矢印で示す点で、サイクリング中でも矢印を見るだけで進む・曲がる方向を認識でき、脇見運転による事故を防止できます。機能を利用するには専用アプリをスマートフォンにインストールして、Bluetooth でペアリングします。アプリに目的地を入力すると、SmartHalo 上部のパネルにスマートフォンのナビアプリと連動して、LED ライトが光って方向を表示します。Source : ソフトバンク

■関連記事
Android Wear 2.0ではWEBサイト版Google Playストアからのアプリ遠隔インストールにも対応
ソフトバンク、「Nexus 5X」「Nexus 6」「Nexus 6P」で3月のセキュリティアップデートを開始
サンワサプライ、ソーラーパネル搭載で耐衝撃とIPX4防水に対応した10,000mAhモバイルバッテリー「700-BTS011」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。