体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スターバックス合格率10%以下のブラックエプロンを獲得! 難関試験を突破した現役早大生に話を聞いてみた

スターバックス合格率10%以下のブラックエプロンを獲得! 難関試験を突破した現役早大生に話を聞いてみた アイキャッチ_スタバブラックエプロン取材 スタバブラックエプロン取材_01

“憧れのアルバイト先”として、今も学生より根強い人気のスターバックス。そんなスターバックスに、通常の緑色のエプロンではなく、黒色のエプロンを着た特別なスタッフがいることをご存じでしょうか? それが“ブラックエプロン”と呼ばれるスタッフです。

 

スタバブラックエプロン取材_02

今回お話を聞いた、西野有莉さんもそんな一人。サークルではヒップホップを踊る現役早大生の彼女に、そもそもブラックエプロンとは?などスターバックスでアルバイトをする楽しみをお聞きしました。

 

ブラックエプロンとしての船出

スタバブラックエプロン取材_03

Q:まずは、ブラックエプロンのスタッフがどんな役割かを簡単に教えてもらえますか?

簡単にいうと、コーヒーのスペシャリスト。コーヒーに関するパートナー*の育成やコーヒーセミナーの運営などがあります。コーヒーセミナーとは、スターバックスが企画する、コーヒーの楽しみ方をお客様へ提案する有料のセミナーのことです。

(脚注)

*スターバックスでは、働いている人を互いにパートナーと呼び合います。

 

スタバブラックエプロン取材_04

Q:ブラックエプロンの試験は合格率が10%以下の難関と聞きますが、勉強は大変でしたか?

幸運なことに、私は高校のころから暗記が得意だったので、ブラックエプロンの教材を見ていて、「きちんと勉強すれば合格できるかも」と思いました。でもやってみると大変で、「ルワンダのボナパイガッポウ? 聞いたことない」みたいな(笑)。当時の私からすると、なじみのない言葉ばかりで、覚えるのに苦労しました。

 

スタバブラックエプロン取材_05

Q:では合格を知ったときは、うれしかったでしょう? 気持ちを教えてください。

実をいうと不安な気持ちのほうが強かったんです。先のことを考えると、「私に勤まるのかな」という不安が、うれしさよりも先に募りました。

 

得た知識を誰かへ還元できたときが一番うれしい

スタバブラックエプロン取材_06
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。