体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「文章力がない」人こそ磨くべき、たった一つのスキルとは?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナー。今回は「文章力を上げるために磨くべきスキル」についてです。

f:id:asukodaiary:20170306124641j:plain

いい文章を書く人と、ダメな文章を書く人の決定的な違い

筆者は20年以上に渡って、編集者やライターとして活動してきました。そのなかで確信していることがひとつあります。それは、優れた記者やライターほどインプットの能力に長けている、ということ。つまり、情報収集がうまいのです。

もちろん、書き方のうまいヘタがまったく無関係というわけではありません。しかし、どれだけ書き方がうまくても、書く情報の質が低ければ、いい文章にはなりません。一流の記者やライターは、良質な情報を仕入れる能力が高いゆえ、魅力的な文章、情報価値の高い文章を紡ぐことができるのです。

これは何も記者やライターに限ったことではありません。ビジネスパーソンでも、いい文章を書く人は、意識するしないにかかわらず、上手に情報をインプットしています。

インプットの主戦場は現場

では、情報はどこから仕入れればいいのでしょうか?

最も情報が転がっているのは現場です。工場の視察のリポート文を書く人であれば「工場」が現場ですし、お客様に案内文を書く人であれば、ふだんお客様と接している場所(お店など)が現場です。

なぜ現場が重要かというと、一次情報が収集できるからです。「一次情報」とは、「加工や編集をしていない情報」のこと。関係者から直接聞いた話を含め、現場で見聞きした情報は、高い鮮度と正確性を備えています。つまり、情報としての価値が高い。現場は一次情報の宝庫なのです。

一次情報のなかでも「人から直接聞いた情報」はとくに価値の高い情報です。なぜなら、世の中には「人」しかもっていない情報が山ほどあるからです。

では、人から情報を得るときに、その効果を最大化するにはどうすればいいでしょうか。ポイントを紹介していきます。

【情報収集のポイント1】誰に聞くか?

「誰に聞くか」はとても重要です。そもそも情報をもっていない人に話を聞いても意味がありません。

たとえば、現場がクライアントのお店だった場合、お店全体の情報は店長に聞くのが良さそうですが、そこに来るお客様の様子を聞くのであれば、接客にあたっているスタッフのほうがいいかもしれません。

また、英会話について書く場合、書くテーマが「英会話の留学情報」であれば、英会話講師や英会話上級者ではなく、英語留学に詳しい人(英語留学エージェントなど)に話を聞くべきです。書くテーマに応じて、話を聞くにふさわしい相手を選びましょう。

◆【欲しい情報】新作映画の公開劇場情報

【話を聞く相手】映画配給会社の作品担当者

◆【欲しい情報】製品Aの機能情報

【話を聞く相手】製品Aのメーカーの開発担当者や営業担当者

◆【欲しい情報】B級グルメの最新情報

【話を聞く相手】B級グルメの専門家やB級グルメライター

つまりは適材適所です。一次情報を拾うときには、自分が欲しい情報をもっているのが誰なのかを、事前に確認しておく必要があります。現場にいる人であれば誰でも構わない、というわけではありません。

【情報収集のポイント2】何を聞くか?

f:id:asukodaiary:20170306124517j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。