ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Huaweiの幹部、「4GBより多いRAMは現時点では無駄」と主張

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマートフォンのスペックは年々強化されており、今でもその傾向は変わりませんが、Huawei の幹部が現時点で 4GB 以上の RAM を無駄だと断じました。スマートフォンのスペックでよく語られるのは RAM 容量です。RAM はシステムの動作に大きく影響する要素なので注目されがち。数年前は 1GB や 2GB の RAM が主流でしたが、今では 4GB や 6GB の端末も増えてきています。話題になりがちな RAM について、Huawei の幹部が自身の Weibo ページを通じて、現時点では 4GB 以上は無駄との見解を示し、海外で話題となっています。Huawei の幹部は、Huawei 内で実施されたテストにおいて、Kirin 960 プロセッサを搭載した端末で 4GB RAM の場合と 6GB RAM の場合でパフォーマンスのテストを行った結果、4GB RAM の方が優れていたと述べました。Huawei の幹部はテストの詳細を公開していませんが、スマートフォンのパフォーマンスは OS の最適化によって RAM を増やさずに高めることができると主張しています。OS のチューニング・最適化によって RAM の使用量を削減することは理想的と言えることから、Huawei 幹部の主張には納得できるものの、これには相当の技術力と人材を要するため、企業によっては単純に RAM を増やすした方がコスト的に安く済む場合があります。そのため、RAM の増加傾向は今後も止まらず、また、人々が RAM の容量に注目する傾向も当面は変わらないとと思います。Source : Weibo

■関連記事
NVIDIA、SHIELD TabletにSoftware Upgrade 5.1の配信を開始
Android版「Snapseed」に編集内容をフィルターとして保存したり、QRコードで他のユーザーにシェアできる機能が追加
Nintendo SwitchのJoy-ConはAndroidスマートフォンとペアリングできるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。