ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Android版「Snapseed」に編集内容をフィルターとして保存したり、QRコードで他のユーザーにシェアできる機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google 純正の画像編集アプリ「Snapseed」の Android 版が v2.16 にアップデートされ、画像に対する編集内容をフィルターとして保存できる「効果の保存」機能が追加されました。Snapseed では調整ツールやフィルターを駆使してプロ並みの画像編集が行えますが、新たに追加された「効果の保存」を利用すると、以前行った画像の編集内容を一つのフィルターとして保存し、同様の加工をフィルターの適用で完了させることができます。編集内容を保存するには編集画面の画面右上の「元に戻す」アイコンをタップし、メニューから「効果を保存」を選択します。この後、フィルターに名前を付けて保存すると、次回の編集は「保存した効果」からフィルターを適用するだけで同様の加工が行えます。画像に透かしを入れる場合にはかなり役立つ機能です。また、画像に対して行った編集内容を QR コードで他のアプリユーザーにシェアすることも可能になりました。QR コードでのシェアは効果の保存と同じメニューから操作できます。スキャンも同様です。Snapseed」(Google Play)

■関連記事
NVIDIA、SHIELD TabletにSoftware Upgrade 5.1の配信を開始
Nintendo SwitchのJoy-ConはAndroidスマートフォンとペアリングできるらしい
Instagram、ストーリーに今居る場所に特化した「ジオステッカー」の導入を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。