体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

重力波の初検出なるか!? 大型望遠鏡の愛称は「かぐら(KAGRA)」に

重力波の検出を目指す大型望遠鏡の愛称は「かぐら(KAGRA)」に決まった

 アインシュタインの相対性理論に登場し、宇宙の始まりを解き明かすと言われる「重力波」。その初検出を目指す大型望遠鏡「LCGT」の愛称公表式が2012年1月28日に開かれ、東京大学宇宙線研究所が「かぐら(KAGRA)」に決まったと発表した。

 「かぐら(KAGRA)」の愛称は、全国から公募された666件の候補から、作家の小川洋子さんを委員長とする6人の命名委員会によって選ばれたもの。命名者代表の大林由尚さんは、

KAMIOKA GRAVITATIONAL TELESCOPE(神岡重力望遠鏡)の略」

神楽(かぐら)は神に奉納される歌舞。天体が踊って作る重力波にぴったり」

“神”岡で素晴らしい成果を挙げることを“楽”しみに待ちたい」

と名前に込めた思いを語った。

 重力波は、アインシュタインがその存在を予言した未発見の波動現象だ。今回愛称を発表した東京大学宇宙線研究所をはじめ、世界の研究機関が初検出を目指している。検出には重力波の微小な振動をとらえる必要があり、「(検出装置は)望遠鏡というより、超高感度の補聴器のようなもの」(川村静児・東京大学宇宙線研究所教授)という。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 公表式で愛称が発表される直前から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77340915?po=news&ref=news#09:06

(松井尚哉)

【関連記事】
「2位じゃダメなんですか」のスパコン”京” 開発現場にニコ生が潜入
さかなクンに”さん”付けは必要!? 本人「さかなクンでお願いします」
プロジェクトを成功させるには「良いニュースを早く聞きたいと思うな」
天体ショーをニコ生で中継 流れ星には「2次元に行けますように!」のコメント
「ロボットは東大に入れるか」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。