ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大きめベビー…どころじゃない! 陣痛70時間でも出てこない我が子のサイズに仰天

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170306105846j:plain

初産で、妊娠中から、大きい男の子だねと先生に言われていました。

うちは、何故か胎盤が遺伝的に大きいようで、祖母が母を産んだときも、母が私達を産んだときも、自然分娩でしたが、赤ん坊が大きかったようです。だいたい4000g近かったとか。 関連記事:胎児の推定体重まさかの4kg超え!? 難産覚悟で迎えた出産だったけど…

今回も入院時は3600程度だろうと言われてました。陣痛が1、2分おきに強くなってから、やっとこさ病院へ行き、入院になりました。

その際、子宮口が薄いので、進みが早いかもといわれ、一時間ほど分娩室で様子を見ましたが、結局、子宮口が3cmから進まず。(10cmにならないと出産に入らないそうです)

その夜は1晩入院。次の日も次の日も子宮口は開かず。

その間も、絶えず襲ってくる陣痛に食べることもできず、ほぼ絶食状態でした。

助産師さんにもう、辛いから、帝王切開にしてくれとお願いしましたが、大丈夫と聞いてくれず…。

その病院は自然分娩を主としていたので、ギリギリまで頑張らせられました。

その後、破水してしまい、赤ん坊の心拍が下がってるとのことで帝王切開の話がでました。

もう体力も限界だから、お願いしますと懇願し、ようやく帝王切開での出産となりました。

無事に出産となりましたが、70時間以上も陣痛に苦しみ、あげく、手術後に先生が「これは下から産むのは無理だったね」の一言。

というのも、赤ん坊が3,600というのは誤算で、実際は4,145gの大台でした。

そんな風にいうなら、早く帝王切開に切り替えて欲しかった…。

赤ん坊も一生懸命出てこようとしてたみたいで、産道に頭が入っていたようでした。

その証拠に生まれたときは、頭が三角形。

でも、無事に終わったので結果的にはめでたしでした。 関連記事:「もう切って!」の思いが、まさか現実に。陣痛36時間の難産の末、緊急帝王切開に

著者:あやなめこ

初めての、男の子の育児に奮闘中。産後鬱も乗り越え、なんとかやってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

破水したのに子宮口が開かない! 羊水が減り小さくなるお腹、赤ちゃんと耐えた3日間
第2子出産話
予定日長過の陣痛地獄

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。