体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕様変更されAndroid 4.0を搭載したLumigon T1がMWC 2012で発表?

デンマークの携帯電話メーカー「LUMIGON」が自社のWEBサイトでMWC 2012に向けたカウントダウンを開始しました。カウントダウンの開始を知らせるFacebookページへの投稿には次の端末画像とスマートフォンの発表告知が掲載されています。端末はLUMIGON T1のようです。LUMIGONは2010年10月頃にBang&Olufsen ICEpowerのアンプ回路を採用した音質にこだわりを持つAndroidスマートフォン「LUMIGON T1」を発表、2011年初頭にOSをAndroid 2.2(Froyo)からAndroid 2.3(Gingerbread)にバージョンアップして発売すると告知しましたが、それっきりという状態。T1がその後発売されたのかどうかは確認していませんでしたが、未だに発売されていないそうです。LUMIGONはMWC 2012で改めてT1を発表するようです。

2010年に発表された当時のT1のスペックは、3.5インチWVGA液晶ディスプレイ、Freescale i.MX51 1GHz、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、Gセンサー、HDMI出力端子(720pHD動画を出力可能)、500万画素カメラ(フラッシュ付)、3.5mmオーディオジャック、FMラジオ・トランスミッター付きといったものでした。LMIGONはFacebookページにMWC2012で発表予定のスマートフォンについて次のような仕様情報を掲載しています。

Qualcomm Snapdragon processor Android 4.0 OS with P-GUI upgradeable over the air ICEpower™ audio from Bang & Olufsen NFC – Near Field communication Infrared universal remote control

大幅な仕様変更を行い、OSを最新版にしたものを発表するようです。Source : LUMIGONAndroid Community


(juggly.cn)記事関連リンク
ClockworkModリカバリの開発者、画面タッチで操作できるClockworkModリカバリを開発中
女性Androidユーザにオススメ!美容室・ヘアスタイルを検索できる「美美美コム」のAndroidアプリがリリース
HTC Rezoundは設定変更でWCDMAネットワークでも使用可能

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。