体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国会ダイジェスト20120127 渡辺喜美代表(み)質問 シロアリ城

20120127【国会ダイジェスト】
シロアリ退治もせずに消費税を引き上げようとする野田総理に渡辺代表(み)がお怒りです。
野田総理は「大阪にもシロアリがタカラないよう」お祈りしているようです。

下記ダイジェスト版書き起こしです。
渡辺喜美代表(みんなの党)
みんなの党渡辺喜美であります。大阪では維新がはじまりました。地域主権改革、公務員改革、教育改革などについて国がやらないなら大阪から始めよう。官僚統制、中央集権という日本の統治構造のゆがみを正す行動をみんなの党は応援いたします。みんなの党は大阪都構想のようにそれぞれの大都市がそれぞれの判断で自らに最もふさわしい制度、つまり事務配分や財源配分を選択できるようにするための地方自治法改正案の提示をしております。総理はこれに反対ですか?
大阪維新の会が教育について首長が目標を設定できるという条例案を出しています。野田内閣は私の質問主意書に対し「首長の目標設定は違法」と閣議決定しました。本当に首長は目標設定してはならないとお考えですか?
総理は「25000人の公務員OBが天下りした4500法人へ流れる12兆円の血税にシロアリが群がっている構図がある、このシロアリを退治しなければならない。天下りや渡り、無駄遣いのカラクリを残したまま消費税を上げても砂漠に水をまくのと同じだ」と言っています。シロアリを退治し天下りや渡り、無駄遣いのカラクリはなくなったという御認識でしょうか?逆に天下りというシロアリさん退治もせず独法というシロアリの巣の数合わせだけ、シロアリの餌であるヘソクリも手付かず、これでシロアリ退治が嘘だったのがバレたじゃありませんか。今やあなたはシロアリ城の親玉ですよ!

野田総理
消費税引き上げとシロアリ退治、天下りの放置、現役出向の拡大、再就職などの監視に対してのご質問をいただきました。
大阪の様々な動き、橋下知事(←市長です、、)の動きについても私は改革者として注目するところ大でありますが、この動きにもシロアリがたかることがないことを祈ってやみません

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。