体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察の皆さんから姫扱い!?正産期+産褥期に運転免許の更新期間が丸かぶりした時のはなし by ゆむい

時は遡ること平成21年8⽉。

⼤学4年、当時21 歳だった私は、先延ばしにしていた運転免許証をようやく取

得しました。 前回のエピソード:2歳差兄弟のお下がり問題を救った、自治体のベビーシートレンタルを試してみた by ゆむい

f:id:akasuguedi:20170306134809j:plain

そして卒業し、結婚し、妊娠。

免許を取得してから3度⽬の誕⽣⽇を迎えようとしていた平成23 年の年末頃、

「運転免許証の更新連絡書」というハガキが届きました。

私の誕⽣⽇は3⽉5⽇。

2⽉5⽇から4⽉5⽇までの間に、警察署へ⾏って初回講習を受けなければい

けません。

f:id:akasuguedi:20170306134826j:plain

しかしここである問題が発⽣しました。

それは…

f:id:akasuguedi:20170306134845j:plain

2ヶ⽉間の猶予はありましたが、とてもその時期に更新⼿続きができる状態ではありませんでした。

f:id:akasuguedi:20170306134903j:plain

2 ⽉は正産期に⼊っていて、いつ陣痛が来てもおかしくない時期。

⼤混雑する免許センターに⾏くのはリスクが⼤きすぎます。

では産後〜4 ⽉5⽇までの間に⾏く?

産褥期に新⽣児を置いて、免許更新に半⽇も時間を割くなんて無理!

しかも3⽉末には夫の異動で他県に引っ越し予定!

⽣後1ヶ⽉の⾚ちゃんがいるのに、新しい環境で⼀週間以内に免許センターへ⾜を運ぶのは、どう考えても無理でした。

前も後ろも⾏き詰まり。

これは…どうにかすることは出来ないのだろうか?

免許を失効させるわけにもいかないし…。

⾊々と調べてみた所、やむを得ない理由によって定められた期間に更新⼿続きを⾏えない場合「更新期間前の更新⼿続き」というシステムが存在することが判明。

やむを得ない理由というのは

・海外渡航

・怪我、病気などで⼊院中

・妊娠中

などのことだそうです。

早速運転免許センターに問い合わせ。

f:id:akasuguedi:20170306140105j:plain

というわけで、夫に現地まで送ってもらい、平成24 年1⽉6⽇(⾦)に「期間前講習」という扱いで免許更新をしにいきました。

受付で届いたハガキと事情を説明し、⺟⼦⼿帳を提⽰。

f:id:akasuguedi:20170306140407j:plain
1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。