ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

レゴランド・ジャパンが遂に名古屋にオープン!見どころは?おすすめアトラクションは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
レゴランド・ジャパンが遂に名古屋にオープン!見どころは?おすすめアトラクションは? レゴ(R)

来る4月1日、いよいよ名古屋市金城ふ頭にLEGOLAND(R)Japan(レゴランド・ジャパン)がオープン!

世界中で愛され続けているおもちゃ「レゴ 」。このレゴをテーマにした屋外型テーマパークが日本に初上陸とあって、すでに話題と期待でいっぱいの同施設。

世界で8カ所目となる同施設には、日本ならではの施設や親子が一緒になって楽しめるアイデア、工夫がちりばめられています。

アトラクションや体験を楽しみながら、ふとした瞬間に感じる施設の「世界観」と「おもてなし」。

それに気付かなくても施設を楽しめるけど、知っていればもっと施設が好きになるはず!

「どんな施設なの?」「何があるの?」という人のために、施設の魅力とスゴさを、オープン前に見てきました!

記事配信:じゃらんニュース

スゴイPOINT1.

園内はほぼ全てレゴ(R)ブロック仕様!

エントランスもレゴ(R)!

レゴ(R)楽しさ満載の入場ゲート。レゴ®の世界へ出発!

最初に目に飛び込むのは大型のレゴ(R)ブロック。

メインゲートからレゴ(R)の世界観にはいれるような造りになっています。

園内のアトラクションや模型、ビルなどは全て実在するレゴ(R)ブロックを再現しているというからスゴイ!

レゴ(R)

レゴ(R)

アトラクションももちろんレゴ(R)!

遊園地の定番でもあるメリーゴーラウンドも、レゴ(R)ブロックを再現したもの。

カラフルな色使いが子どもをワクワクさせ、どの乗り物に乗るのかを選ぶ楽しみも。

園内の風景や街に溶け込んでいるものもあるので、よ~く探してみて!オートバイオートバイなど、大人もテンション上がりそうミニフィグの大型バージョンミニフィグの大型バージョンの設置は世界初!

スゴイPOINT2.

名古屋ならではもいっぱい!地元色たっぷり

名古屋城のレゴ(R)が登場。

レゴ(R)写真はイメージ。どの街並みが登場するかは、現地へ行ってのお楽しみ!

日本の中から選んだ10カ所の景色や街並みを、レゴ(R)ブロック約1000万個で再現したミニランド。

その中には地元観光スポット「名古屋城」もあります。

もちろん、レゴ®ブロックでできていて、使用数はなんと約22万5000個なんだとか!

約3分30秒の空の旅!

ランドマーク「オブザベーション・タワー」

ランドマーク「オブザベーション・タワー」からは名古屋の街を一望できます。

「市内にある観光スポットにも目を向けてもらいたい」という意図があるそうで、周辺の観光も盛り上げるというその心意気が素晴らしい!

スゴイPOINT3.

小さな子どものことを考えたアトラクションが多数!

対岸から水鉄砲対決!

スプラッシュ・バトル的に向けて水鉄砲を発射!命中すると楽しい仕掛けが現れるとか スプラッシュ・バトル

「スプラッシュ・バトル」では、海賊船に乗っている人と、対岸で観覧している人とで、水鉄砲のバトルが楽しめます。

親子に分かれて船と岸から打ち合いなんて楽しみ方も!

子どもだけでなく親子で楽しめる工夫がうれしいですね。

ミニジェットコースターや遊具を併設。

ザ・ドラゴンドラゴンに乗って中世へ!レゴ(R)モデルの中を駆け抜ける

お城の中を駆け抜ける「ザ・ドラゴン」。

身長制限があり、身長が満たない子どもは楽しめないことから、そのすぐ側にミニジェットコースターが設置されています。

兄弟で乗れる・乗れないの差が出ないような細かい配慮がされています。ザ・ドラゴンミニコースターは、2歳から乗車可能(大人の付き添いが必要)

スゴイPOINT4.

ポテトまでレゴ(R)ブロック!?グルメも多彩

スナック類は子どもの手のひらサイズ。

右からチリドッグ(550円)、ホットドッグ (500円)、チーズドッグ(550円)右からチリドッグ(550円)、ホットドッグ(500円)、チーズドッグ(550円)

小さな子どもが食べやすいように、スナック類は持ちやすく作られています。

これなら子どもでも残さず食べられて食育にもつながりそう。

他にも手を汚さない工夫がされた「ターキーレッグ」など、シェフの心遣いが随所に感じられます。

SNSにあげたい「レゴポテト」。

レゴポテト外はカリッ、中はもっちり。450円フレンチトースト あんことホイップク リーム甘いものが苦手な人でも完食できるアッサリ味のフレンチトースト

食べ物は「子どもの記憶に残るグルメ」がコンセプト。

思わず笑顔になる「レゴポテト」など、子どもが喜んで食べそうなものを考案したそう。

名古屋限定の「フレンチトースト あんことホイップクリーム」も。

お値段は400円と超破格!

園内はこう巡るのが正解!

1日で回り切るのではなく何度でも足を運ぶのが吉。

レゴランド・ジャパン

園内はナゴヤドーム2つ分の広さ。

あちこち移動していては、子どもも大人もクタクタ…。

なので行く前の事前情報はぬかりなく!

乗りたいアトラクションの場所をチェックするのはもちろんですが、1日で回ろうとせず、何度でも訪れるのが賢い選択です。

年間パスポートは3回入園すれば元が取れてしまう料金なので、実にお得!

これなら「次に来たときに遊ぼう」と子どもに約束もできますね。

1日で回りたいという人は、入口から時計回りに一筆書きのイメージで巡るのが良いですよ! LEGOLAND(R)Japan

TEL/050-5840-0505(LEGOLAND(R) Japanカスタマーサポート※平日10時~12時、13時~17時)

住所/愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-1

営業時間/10時~※閉園時間は日によって異なる

定休日/未定

料金/1DAY大人6900円、3歳~12歳5300円

※年間パスポート:大人1万7300円、子ども1万3300円(有効期間2017年4月1日から1年間)

アクセス/伊勢湾岸道名港中央ICよりすぐ

駐車場/近隣に5000台(有料)

「LEGOLAND(R)Japan」の詳細はこちら

※この記事は2017年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

今週の人気記事ランキングTOP10(17/2/27~17/3/5)
人気温泉に旬グルメ!カップルで行きたい仙台周辺のお泊りデート【宮城】
おみやげにもオススメ!一度は味わいたい熊本の地酒&地ワイン4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。