体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Exynos 5250 2GHzを搭載した解像度2560×1600ピクセルの新しいGalaxy TabをMWC 2012で発表?

開幕まで1ヶ月を切ったMWC 2012において、SamsungはGalaxy Tabの次世代モデルとなるタブレットを発表するという予想がAndroid and Meで伝えられています。Android and MeのTaylor Wimberly氏は、1月上旬に米国ラスベガスで行われたCES 2012において、10インチを超える画面サイズ、解像度2560×1600ピクセル(WQXGA)、最大2GHzで動作するSamsungの新しいSoC「Exynos 5250」、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)を搭載したタブレットの試作機を目にし、その写真も撮影したそうですが、結局、Samsung関係者より写真をカメラから消去するよう言われたそうです。Exynos 5250の量産は2012年Q2からで、現在はサンプル出荷中という状態ながらも、既にCES 2012でExynos 5250とAndroid 4.0が動作するタブレットを密かに公開していたこと、昨年のMWC 2011でGalaxy S IIのほか、タブレット新機種としてGalaxy Tab 10.1を発表したことから、Sasmungは上記スペックのタブレットをMWC 2012で発表すると予想されています。内容としては、昨年12月上旬のBGRの記事で伝えられていた11.6インチタブレットの噂と似ています。Exynos 5250は、ARMの次世代CPUコア「Cortex-A15」を2つ搭載.したモバイル向けSoC。CPUクロック周波数は最大2.0GHz。32nmのHKMG(High-K Metal Gate)プロセスで製造されます。GPUはARM Mali-T604らしい。CPUの処理性能は1.5GHz駆動のデュアルコアCortex A9と比較して約2倍の14,000DMIPS。3Dグラフィック性能は既存のCortex A9ベースのSoCと比較して4倍。メモリ帯域幅は12GB/s。ステレオ3D、解像度WQXGA(2,560×1,600ピクセル)までのディスプレイをサポートします。Source : Android and Me


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia acro HD SO-03DがFCC認証を通過、分解写真やマニュアルも公開
NTTドコモ、Xi端末2台目の月額利用料を大幅に割引く「Xi(クロッシィ)^2 割」キャンペーンを3月1日より実施
Xperia S LT26iがFCC認証を通過

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。