ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Shout it Out、1stフル・アルバム『青年の主張』特設サイト&全曲試聴トレーラー公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Shout it Out、1stフル・アルバム『青年の主張』特設サイト&全曲試聴トレーラー公開

Shout it Outが、明日3月8日にリリースする1stフル・アルバム『青年の主張』の特設サイトをオープン。

ライヴ映像やレコーディング風景なども織り込んだ同作の全曲試聴トレーラー映像も公開された。

特設サイトにはアルバムやツアーの情報のほか、収録楽曲の歌詞やライナーノーツなどのコンテンツを掲載。さらに「届け!青年の主張キャンペーン」と題して、ユーザー参加型企画を実施することも発表。Twitter上でハッシュタグ「#届け_青年の主張」を付けてツイートすると、メンバー自身がそれらにすべて目を通し、5名にサインと宛名が入った「青年の主張」ポスターがプレゼントされる。(前田)

Shout it Out 1stフルアルバム「青年の主張」トレーラー

https://youtu.be/DwWCeKbtcPo
・Shout it Out 1stフルアルバム「青年の主張」
2017年3月8日発売
価格:¥2,800(税込)
品番:PCCA-04474
※プレイパス封入付き
※初回生産分限定 スリーブケース仕様
<収録内容>
01. 大人になれない
02. 17歳
03. 雨哀
04. 道を行け
05. DAYS
06. 夜間飛行
07. トワイライト
08. 青春のすべて
09. 影と光
10. 青年の主張
11. エンドロール
12. 灯火

・Shout it Out「青年の主張」特設サイト
https://seinen.ponycanyon.co.jp/

■届け!青年の主張キャンペーン
キャンペーン期間中にハッシュタグ「#届け_青年の主張」と、「青年の主張」ミュージックビデオのURL(https://youtu.be/Dn-Byq6jn7E)をつけて、TwitterでShout it Out 1stフルアルバム「青年の主張」のおすすめコメントをツイートしてください。5名様にメンバーサイン&宛名入りの「青年の主張」B2ポスターをプレゼントいたします。ツイートはメンバーがすべて目を通し、5名様を選ばせていただきます。ぜひ「青年の主張」PRにご協力ください!
・キャンペーン期間
2017年3月7日(火)~3月20日(月)
・当選発表について
当選者には、キャンペーン終了後にShout it Out公式Twitterアカウント(@_Shout_it_Out_)よりご連絡させていただきます。ご応募の際には、必ずShout it Out公式Twitterアカウントをフォローくださいますようお願いいたします。

〈1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー〉
◆2/25(土) 大阪・OSAKA MUSE <ワンマン>
◆3/5(日) 名古屋・APOLLO BASE <ワンマン>
◆3/21(火) 松山・松山Double-u Studio <対バン/The Winking Owl、大橋ちっぽけ(O.A)>
◆3/25(土) 仙台・spaceZero <ワンマン/TRiFOLiUM(O.A)>
◆3/26(日) 札幌・SOUND CRUE <ワンマン>
◆3/31(金) 金沢・LIVE HOUSE vanvanV4 <対バン/サイダーガール、BURNOUT SYN-DROMES>
◆4/2(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE <対バン/サイダーガール、Halo at 四畳半>
◆4/8(土) 福岡・DRUM SON <ワンマン>
◆4/9(日) 広島・広島BACK BEAT <対バン/ドラマチックアラスカ>
◆4/14(金) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 <対バン/HOWL BE QUIET、climbgrow>
◆4/16(日) 高松・高松DIME <対バン/HOWL BE QUIET、WOMCADOLE>
◆4/22(土) 松本・松本ALECX <対バン/NECOKICKS>
◆5/7(日) 東京・TSUTAYA O-WEST <ワンマン>
チケット一般発売中

・Shout it Outの作品はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/127997

Shout it Out、1stフル・アルバム『青年の主張』特設サイト&全曲試聴トレーラー公開
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。