ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「MEDIAS CH 101N」の発信者番号通知機能に不具合、後日提供予定の改善版ソフトウェアで解消(更新:ソフトウェアアップデートを開始)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは1月25日、NECカシオ製Androidスマートフォン「MEDIAS CH 101N」の発信者番号通知機能に不具合が見つかったとして、不具合に対する今後の対応と回避策を発表しました。不具合は、101Nの購入時の状態において、発信者番号通知の「設定」を行わずに「現在の設定確認」を行うと、誤った内容が表示される場合があるというもの。この事象についてソフトバンクは、現在準備中の改善版ソフトウェアで解消されるとしていますが、それまでは次の操作を実施して利用するよう呼びかけています。改善版ソフトウェアの提供は、後日ソフトバンクのホームページで案内されます。101Nの設定画面を表示後、「通話設定」→「ネットワークサービス設定」→「発信者番号通知」→「設定」の順にタップし、「通知する」または「通知しない」のいずれかをタップして明示的に設定を行う。MEDIAS CH SoftBank 101Nをご利用中のお客さまへ更新:ソフトバンクが1月27日より本事象を解消するソフトウェアアップデートを開始しました。101Nの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新を開始する」より手動でアップデートを実施することもできます。詳細はこちら。 


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S IIIのモデル番号?「GT-I9300」が海外のSamsung公式サイトで見つかる
NTTドコモ、2011年度はQ3までに553万台のスマートフォンを販売
NTTドコモ、Xiパケット定額・データプランの月額利用料上限額を1,050円割引くキャンペーン「Xiスタートキャンペーン2」を2012年5月1により開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。