ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デニムは薄めに。メイクはナチュラルに。今すぐできる春支度

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

トレンドには惑わされないけど、季節には惑わされる。

天気予報の気温が日々上がるだけで、春っぽくしたいなぁ、という気持ちが高まります。

わかりやすいのは、服や靴の色を明るくするとか、いつものメイクを軽やかな質感に変えるとか。そこで、いますぐ簡単にできる春支度、一気にご紹介します。

春。シャツの袖、ラフにまくろう。5秒でね

20170307_spring_02.jpg春になると着たくなるのが、シャツ。白やライトブルーのさわやかな色を着ると、それだけでさわやかな気持ちになれるアイテム。さらに袖をくしゅくしゅっとまくれば、きっちりよりもラフな印象で春っぽくなれます。5秒あれば、簡単にラフな袖が完成します。

>>記事を読む

春、ナチュラル感重視。血色感も立体感も出せるメイクテク

20170307_spring_05.jpg春になったらいかにも「塗りました!」という仕上がりよりも、自分の肌に馴染んだ、自然な発色のメイクを取り入れたい。普段から手と指を駆使してメイクをしているヘアメイクアップアーティストのイガリシノブさんに、血色感も立体感も高まるメイクのコツを教えていただきました。

>>記事を読む

春デニムは、ライトブルーのカットオフ

20170307_spring_06.jpg花が咲いたり、風が気持ちよかったり。とにかくさわやかな気持ちにさせてくれる春にはまるのは、ライトブルーのデニム。そして、さらにリラックスした気持ちにさせてくれるのが、裾が切りっぱなしのカットオフデニムです。

>>記事を読む

春コーデ。トップスもデニムも薄めのワントーンが気分

20170307_spring_04.jpg毎日のコーディネートに欠かせないデニム。ただひとことにデニムといっても、デザインやカラーなど、そのヴァリエーションは豊富。この春は、デニムもトップスも薄めのワントーンでまとめるのが気分です。

>>記事を読む

大きな変化じゃなくて、小さな工夫で春を迎える準備はできる。でも、やっぱりいちばん軽やかにしたいのは気分です。

写真/gettyimages

■ あわせて読みたい

リビング? 窓辺? 毎朝どこでメイクしてる?
ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法
細くてすべるような描き心地。アイライナーで目もと自由に操る
イガリメイクは指だけで完成。血色感も立体感も高まる
メイク直しは、手洗いから。スマホを触った手は相当汚い
いろんな女性の日常が見られる動画ハマる。朝起きて、メイクして、出かけるだけなんだけど
2017年もニャンコ。猫モチーフコスメ集めてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。