ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SKY-HI 「ひっくり返しに来たぜ!!」本人プロデュースの全国ツアー開幕! ファイナル武道館2daysまで駆け抜ける

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SKY-HI 「ひっくり返しに来たぜ!!」本人プロデュースの全国ツアー開幕! ファイナル武道館2daysまで駆け抜ける

 SKY-HIが、本人オールプロデュースで、SUPERFLYERS(フルバンド&ダンサー)とともに日本最高峰のエンタテインメントを届ける全国ツアー【SKY-HI HALL TOUR 2017~WELIVE~】をスタートさせた。

【SKY-HI HALL TOUR 2017~WELIVE~】ライブ写真

 昨年はホールツアーからライブハウスツアーまで自身のライブや他アーティストとの対バンで全国各地を隈なくまわり、昨夏には数々の大型フェス、年末には【COUNTDOWN JAPAN】にも出演、数多くのライブで最高のエンタテインメントを展開してきたSKY-HIの全国13か所15公演をまわる全国ホールツアーがスタート。ツアー初日となる3月4日、会場には多くのファンが駆けつけ、圧巻のパフォーマンスで本ツアーの幕開けを飾った。

 圧倒的なスキルを誇るSUPER FLYERSとともに、本人が新潟県民会館大ホールのステージに登場すると、ファンからは大歓声が。そして「ひっくり返しに来たぜ!!」の言葉とともに、1曲目を飾ったのは「Double Down」。続いてダンサーズも参加しての「Ms.Liberty」、そしてアルバム『OLIVE』から「BIG PARADE」を披露し、序盤から会場を巻き込んでのライブをみせる。アルバム『OLIVE』を引っ提げてとあり、アルバムから全13曲を披露。フルバンドでの宇宙初披露となった曲も多くあり、息つく暇もなくSKY-HIワールドに会場を染め上げていった。

 中盤は、圧倒的な高速ラップを交えたメドレーから、優しいメロディと暖かいホーンセクションに加え、セットとダンサーズで見事に世界観を表した「Over the Moon」を届け、クライマックスでは「夢の中なんかより現実が幸せにあふれているんだ! ありがとう」とハッピーチューン「ナナイロホリデー」「リインカーネーション」でホールに駆けつけたファンに改めて感謝を伝えライブを終えた。

 ライブ中のMCでは、5月31日発売の新曲の演奏がSUPER FLYERSである事も発表。会場のファンからは大歓声が上がった。

 本ツアー【SKY-HI HALL TOUR 2017~WELIVE~】は、5月2日、3日の日本武道館公演でファイナルをむかえる。

◎ツアー情報
【SKY-HI HALL TOUR 2017~WELIVE~】
2017年3月10日(金)群馬 ベイシア文化ホール大ホール
2017年3月18日(土)愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年3月25日(土)宮城 仙台イズミティ21大ホール
2017年3月26日(日)青森 リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
2017年3月30日(木)大阪 フェスティバルホール
2017年3月31日(金)大阪 フェスティバルホール
2017年4月02日(日)広島 上野学園ホール
2017年4月08日(土)福井 福井市フェニックスプラザ大ホール
2017年4月14日(金)愛媛 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
2017年4月16日(日)島根 島根県民会館 大ホール
2017年4月22日(土)鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第1
2017年4月23日(日)福岡 福岡市民会館大ホール
2017年5月02日(火)東京 日本武道館
2017年5月03日(水)東京 日本武道館
http://bit.ly/2n8JEoJ

◎リリース情報
シングル『タイトル未定』
2017/5/31 RELEASE
<CD+DVD盤(A)>
AVCD-93680/B 1,800円(tax out.)
<CD+DVD盤(B)>
AVCD-93681/B 1,800円(tax out.)
<CD ONLY盤>
AVCD-93682 1,000円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

SKY-HI×SALU 「とにかくカッコ良い物を」人気ラッパー同士によるコラボアルバム発売決定!
SKY-HI『カタルシス』Mummy-D/KREVA/DJ WATARAI/スガ シカオ/Da-iCEら絶賛
SKY-HI『カタルシス』オリコン5位「心から愛と感謝とリスペクトを感じています。」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。