ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

義足の美術家・片山真理の個展『帰途』、装飾を施した義足を装着したセルフポートレートなど展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

03071
©片山真理『on the way home #001』2016年

片山真理の個展『帰途』が、群馬県高崎市の群馬県立美術館にて開催中。会期は、3月20日まで。

片山真理は、1987年に埼玉で生まれ、群馬で育った美術家。先天性の四肢疾患により9歳で両足を切断して以後、義足で生活しており、手縫いの作品や装飾を施した義足を装着したセルフポートレート、自身の身体をかたどった立体作品などを制作している。さらに、歌手やモデルとしての活動や、講演、執筆も精力的に行っている。
『帰途』は、彼女が約11年ぶりに同館で開催する展覧会となる。展示されるのは、『瀬戸内国際芸術祭2016』の参加企画として香川・直島で開催された個展『bystander』で発表した立体作品を発展させた作品や、自身が幼少期から慣れ親しんだという利根川、渡良瀬川の川岸、自動車が行き交う国道脇などで撮影したセルフポートレートなど。
時間と空間の隔たりを超えて群馬へ帰り着いたとき、片山の作品はどのような変化を見せてくれるだろうか。ここからまた新たな一歩を踏み出す彼女の姿を見つめたい。

片山真理『帰途』
2017年1月21日(土)~3月20日(月・祝)
会場:群馬県 高崎 群馬県立近代美術館 展示室5
時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(3月20日は開館)
料金:一般300円 大高生150円
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。