ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人気温泉に旬グルメ!カップルで行きたい仙台周辺のお泊りデート【宮城】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秋保グランドホテル

3月に入り、春は目の前♪でもまだまだ寒い日も多いですね。そこで今回は、仙台周辺の温泉お泊りデートで行きたいオススメのスポットをご紹介致します。

まったり大人なデートを楽しめる屋内スポットに、旬のいちごを思う存分楽しめる、いちご尽くしのスポットや、東北を代表する秋保温泉など、一度は訪れてみたい名所やグルメが続々登場!今度のお休みは、仙台周辺で、旬のお出かけを満喫してみてはいかがでしょうか?

宮城県美術館【仙台市】

ユニークなオブジェも点在、温もりあるアート空間。

宮城県美術館モダニズム建築の旗手・前川國男氏が設計。4月16日まで特別展「ルノワール展」開催中 宮城県美術館「そこにある美術に触れる」をテーマにしたギャラリーツアー「美術探検」は毎月第2土曜に開催 宮城県美術館子どもの頃に誰もが一度は読んだことがある『おおきなかぶ』など、絵本原画も収蔵されている

宮城県をはじめ東北地方に縁の深い、明治維新以降の絵画・彫刻・工芸作品を中心にコレクションしている。広々、ゆったりとした館内は大人のデート向き。天気がよければ、庭を散歩して樹木やオブジェを眺めるのもおすすめ。 宮城県美術館

TEL/022-221-2111

住所/宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1

営業時間/9時30分~17時(入館16時30分まで)

定休日/月(祝の場合は開館、翌日休館)

料金/常設展観覧料300円、特別展は展覧会により異なる

アクセス/仙台市営地下鉄東西線国際センター駅または川内駅より徒歩7分

「宮城県美術館」の詳細はこちら

ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所【仙台市】

広大な自然に抱かれた、甘い香り漂う工場を散策。

ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所右手前が麦芽を草炭(ピート)で燃やして乾燥させるための「キルン塔」。工場のシンボルになっている

広大な敷地内には仕込棟や蒸溜棟が並び、敷地内にウイスキーの甘い香りが漂う、まさに大人のデートスポット。NHK連続ドラマ小説でおなじみとなった竹鶴政孝が愛用していたグラスなども展示されている。

2人の過ごし方

重厚感のある建物は、ウイスキー好きにはもちろん、なじみがなくてもロマンチックな気分に。お土産も充実しているので2人で選ぼう。

見学data

●料金/無料(試飲付き)

●予約の有無・予約方法/10名以上要予約・電話もしくはインターネット

●予約受付時間/9時~17時

●受付期間/営業時間内常時受付

●受け入れ人数/1名~

●実施日/全日(年末年始休、不定休あり)※詳細は要問合せ

●見学時間/9時~11時30分、12時30分~15時30分 ※所要時間約60分 ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所

TEL/022-395-2865

住所/宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地

営業時間/9時~16時30分

定休日/不定

アクセス/JR作並駅より無料シャトルバスで15分 ※土日祝のみ

「ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所」の詳細はこちら

薪窯パン 麦家【村田町】

薪窯パン 麦家ハード系パンを中心に焼きたてが並ぶ 薪窯パン 麦家

北海道産有機小麦、北海道産全粒粉、自家製酵母、石巻産伊達の旨塩、有機ドライフルーツなど素材を厳選し、手作りの薪窯で焼いたパンを販売。カフェではスープ、パン、7種の料理が付くランチや飲み物を提供している。 薪窯パン 麦家(まきがまぱん むぎや)

TEL/0224-83-3180

住所/宮城県柴田郡村田町大字菅生字舘52

営業時間/11時~17時(土日祝は10時~)、カフェは水~金の11時30分~LO16時

定休日/1月30日~2月8日、月(祝日の場合は翌日、その他臨時休業あり)、カフェは月・火・土日祝

料金/ランチ1296円

アクセス/東北道村田ICより20分

駐車場/8台

「薪窯パン 麦家」の詳細はこちら

道の駅 村田【村田町】

道の駅 村田もっちり食感のそらまめ大福(6個入り650円) 道の駅 村田そらまめアイス(340円) 道の駅 村田

蔵の町村田の雰囲気にマッチした蔵風の建物で、農産物や地場産品を展示販売している。まろやかな甘さのそらまめクリームが入った大福や、そらまめの風味のアイスなど、特産のそらまめを使ったスイーツが人気だ。 道の駅 村田

TEL/0224-83-5505

住所/宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41

営業時間/物産交流センター9時~17時、レストラン11時~17時(LO16時30分)

定休日/年末年始、レストランは第2月(祝日の場合は翌日)

アクセス/東北道村田ICより1分

駐車場/50台

「道の駅 村田」の詳細はこちら

秋保グランドホテル【仙台市】

秋保グランドホテル足湯と寝湯を備え、磊々峡の水音に癒される露天風呂 秋保グランドホテル

本館4・5階が新感覚の和洋室にリニューアルした。温泉は大浴場と露天風呂が各4つあり、磊々峡の自然を感じながら入浴できる。夕食は種類豊富なバイキングと、ゆったり食事ができる会席膳からお好みで選んで。 秋保グランドホテル

TEL/022-397-3131

住所/宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原12-2

アクセス/東北道仙台南ICより15分

駐車場/140台

「秋保グランドホテル」の詳細はこちら

仙台文化横丁【仙台市】

地元民に人気!!

「ぶんよこ」と呼ばれ愛されてきた仙台繁華街の歴史ある横丁。昭和の面影を残す街並み、ずっと変わらないもてなしにほっと和める。初めて訪れても気さくに温かく迎えてくれるのがうれしい。

仙台文化横丁

源氏(げんじ)

源氏(げんじ)女将の優しい物腰に、自然と女子力が学べそう 源氏(げんじ)珍しい真鍮製の燗つけ器

和装の女将としっぽり差し向かいで。

1950年創業の老舗。日本酒(900円~)などの料金にお通し代も含まれている独自のシステム。

●TEL/022-222-8485

●住所/青葉区一番町2-4-8

●営業時間/17時~23時

●定休日/日祝

だるま

だるま「月1回は燻製の日」とママ だるま鮮度抜群の「レバー(500円)」もヤミツキになる! だるま「ホルモン(500円)」はボリューム満点で高コスパ

鮮度自慢のホルモンを秘伝のスパイスで♪

目利きのママが厳選するホルモンを、福岡から取り寄せるスパイスで食べるのが「だるま」スタイル。

●TEL/022-262-5998

●住所/青葉区一番町2-4-11

●営業時間/17時30分~22時

●定休日/日祝(お盆は営業)

なんぶ彩葉(いろは)

なんぶ彩葉(いろは)カウンターのほかテーブル席もあって、グループでもOK なんぶ彩葉(いろは)ダシが決め手の「おかみのおでん(250円~)」 なんぶ彩葉(いろは)稀少なモウカザメの心臓の刺身「もうかのほし(時価)」 なんぶ彩葉(いろは)仙台でしか販売されていないお酒もあり

気仙沼直送の新鮮食材を女将渾身のおもてなしで。

都内や東北各地で修業を積んだ女将がオープン。そのネットワークで稀少な食材も提供している。

●TEL/022-712-7332

●住所/青葉区一番町2-4-17 ブルーリボンビル地下1階

●営業時間/17時30分~魂尽きるまで

●定休日/火 仙台文化横丁

住所/宮城県仙台市青葉区一番町2-4-11

アクセス/JR東北本線仙台駅より徒歩10分、地下鉄青葉通り一番町駅より徒歩1分

「仙台文化横丁」の詳細はこちら

2日目にオススメ!

山元いちご農園【山元町】

ハウスにカフェ、ワイナリーも!

いちご狩りデータ

●料金/2月1日~5月7日は中学生以上1500円、4歳~6歳900円、5月8日~6月中旬は中学生以上1300円、4歳~6歳500円、3歳以下はいずれも無料

●品種/とちおとめ、紅ほっぺ、もういっこ

●期間/~6月中旬

●予約/不要だが念のため事前連絡が◎

※高設栽培あり ※休憩所あり ※トッピングあり(練乳無料)山元いちご農園宮城県生まれの大ぶりないちご「もういっこ」

いちごパフェ 918円

山元いちご農園あっさりめのソフトクリームとフレッシュいちごでボリューム満点なパフェ

いちごピザ 800円

山元いちご農園甘みのあるいちごと、塩っ気の効いたチーズのコラボレーション。意外な旨さがクセになる

いちごカレー 918円

山元いちご農園ライスにはカットしたいちごを、ルーにはお好みでいちごソースを混ぜ込んで。相性バッチリ

苺夢(べりーむ)500ml 2462円、愛苺(まないちご)・苺香(いちかおり)720ml 2786円、360ml 1814円

山元いちご農園2016年12月にはワイナリーも誕生。スパークリングワインの「苺夢」を皮切りに、3種のワインが順次登場予定。お楽しみに!

いちご狩りを堪能した後は、併設のカフェでいちごメニューの数々を楽しんで。店内には産直品やいちご土産も豊富に揃っている。2016年にはいちごのワイナリーも誕生。 山元いちご農園

TEL/0223-37-4356

住所/宮城県亘理郡山元町山寺字稲実60

営業時間/10時~15時(3月以降は16時まで)※カフェは10時~17時(LO16時30分)

定休日/なし

アクセス/常磐道山元ICより5分

駐車場/100台

「山元いちご農園」の詳細はこちら

※この記事は2017年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

おみやげにもオススメ!一度は味わいたい熊本の地酒&地ワイン4選
記念グッズがかわいすぎ!スヌーピーミュージアム開館1周年記念展に行こう!(東京)
地産地消の美食をいただく。料理自慢の人気宿【全国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。