体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーの「出世はたいした問題ではない」という言葉の意味するものとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第3回の今回は、「成果を出すための方法」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:k_kushida:20170303134557j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

こちらは、著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記文章の3回目の解説となります。たった2行の文章で何分間も語れる。これが名言の含蓄の深さです。

【本日の名言】

「組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、あるいは成果が認められないときには、辞めることが正しい道である。出世はたいした問題ではない」

(P・F・ドラッカー『非営利組織の経営』)

この名言は、私がいつも「今の仕事に行き詰まっている」人や「仕事を辞めようかどうか悩んでいる」という人に対してかけている言葉です。これまで2回に渡って、この名言中の「組織が腐っているとき」「自分が所を得ていないとき」「成果が認められないとき」という、3つのポイントについて解説してきました。

今回は、成果を出すための方法について考えた後に、この名言の総括をしたいと思います。

アインシュタインは数学が「嫌い」だった

まずは「成果をあげるためにはどうすればいいのか?」から見ていくことにしましょう。この問いは、仕事をしている人であれば常に自問しているのではないかと思いますが、ドラッカー氏はこのように述べています。

「なすべきは自らがもっていないものではなく、自らがもっているものを使って成果をあげることである」

(『非営利組織の経営』)

「自らがもっているもの」に関して、同書の中では物理学者のアルバート・アインシュタイン氏の例が挙げられています。もともとアインシュタイン氏は音楽が好きだったようで、1日に4時間バイオリンを弾いていたといいますが、彼が成功したのは好きな音楽ではなく、「嫌いだ」と言っていた数学によってでした。

こうした、仕事における自分の得意分野のことを強みと言います。ドラッカー氏の言う「自らがもっているもの」とはこの強みのことを指しています。

実はドラッカー氏は、嫌いな数学で名を成したアインシュタイン氏を「例外」だとしていますが、私はむしろこれが普通だと思っています。つまり、強みとは多くの場合、自分の好き嫌いとは切り離して考えるべきものです。趣味ならともかく、仕事であれば、評価されなければ結局つまらなくなってしまいます。逆に、最初は好きではなかった仕事も、評価されれば自然にその中に楽しみを見出していくものです。

仕事で大切なのは「成果のために何をするのか?」ということ

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。