ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴びさせてあげたい、だから窓際がいいに決まっている。それでも白壁に伸びる葉っぱの陰影を楽しんだり。とまあ、こんな具合に。

そんなどっちも大好き人間からすれば「こういうの待ってた!」とは、正直に言ってしまうとならない、はずなのに…。このプランツ、意外と言っては失礼だけど美しいのですよ。

このプランツは、

暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

暗闇にぼうっと咲く。

暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

インダストリアルデザイナーMariana Fernandez Folbergがクリエイトしたのは、暗闇のなかで白熱の光を放つ植物「Lamp Plant」。

「なーんだ、植物に似せたランプか」、これで片付けてしまうことも確かにできる。けれど、植物たちが自然と形づくる葉の構造や茎の生え方、無駄のない自然界の機能性に目を向けて、日々そこからインスピレーションを得てデザインに落とし込んできたというMarianaには、植物(自然)と照明(プロダクト)、この相反するふたつが融合する瞬間が見えていたに違いない。ちょっと大げさだけど、こう信じてみたい。

LEDの明かりが水代わりに
葉脈を伝っていく

暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

部屋の明るさにトーンをつくるのと同時に、雰囲気を演出させる照明。対して観葉植物には、みずみずしさや鮮度だけでなく、生命が呼吸するあたたかみを空間に与えてくれるもの。この両方のエネルギーを、ちょうどやさしく中和してくれるのがこのLamp Plantなんじゃないかな。

アクリルで表現された葉っぱは、ひと葉ごとに薄く葉脈(ようみゃく)がきちんと彫り込まれている。もちろん見た目の印象だけじゃない。水の代わりにLEDの明かりがここを通るとき、複雑な自然界の表情が顔をのぞかせる仕掛けだ。さらにこのアクリルの葉、一枚ずつ好きなように曲げて表情をつくることもできるんだそう。

夜に見頃を迎える
LEDの葉明かりをどうぞ

暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

ちなみに芝生に見えるポット内のグリーンはもちろんイミテーション。それでも、これだけでも十分に“らしさ”があるではないか。

ウェブサイトを見た感じ、Lamp Plantの種類はモンステラにサンスベリアにストレリチアだろうか、手のひらサイズのポットから大きめの8mで、葉の数やサイズにかわせてこちらも多彩。もし興味があればこちらから。一度やさしい“葉明かり”をのぞいてみるといいかも。Licensed material used with permission by Marina Folberg

関連記事リンク(外部サイト)

「月」をそのまま照明にした、インテリアが美しい
【未来のインテリア】スピルリナが増殖する照明器具がスゴい!
植物のためのジュエリー「PLANT'S JEWEL」が登場。しかも、カワイイだけじゃない!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。