ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

春は駒沢公園で手ぶらピクニック。野菜カフェで、ヴィーガン向けバーガーをテイクアウト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

野菜は、「ヘルシーだから食べなきゃいけない」とどこかで思っていた私。

でも、野菜カフェ「Mr. FARMER」と出会ってからは、「美味しいから食べたい!」に変わりました。

駒沢オリンピック公園内に「Mr. FARMER」がニューオープン

20170306_mrfarmer.jpg

これまで、表参道、新宿、六本木に店舗を構えていたMr. FARMER 。2017年3月15日(水)、駒沢オリンピック公園内にオープンします。

Mr. FARMERは、「美と健康は食事から」をテーマに、野菜の美味しさと栄養を最大限に活かしたサラダやサンドイッチ、オムレツなど提供しています。

20170306_mrfarmer01.jpgホワイトエッグオムレツ メキシカン アボカド&サルサ

アメリカ西海岸のヘルスコンシャスなカフェを思わせる店内は、開放的でとても居心地がよく、ひとりで行ってもつい長居してしまうほど。

日本人以外のお客さんも多いので、ときどき本当に海外で食事をしているような気分になります。

ヘルシー素材を使った、ヴィーガンにもうれしいメニュー

20170306_mrfarmer02.jpgごぼうと大豆ミートのヴィーガンチーズバーガー

メニューには、動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニュー、高タンパク低カロリーのアスリート向けのメニュー、コールドプレスジュースなども勢ぞろい。

ダイエットやトレーニングをがんばっているときでも安心して食事ができます。

なかでも大好きなメニューは、ヴィーガン向けの「キャベツとテンペカツのヴィーガンバーガー」。

テンペとは、テンペ菌で発酵させた大豆のこと。甘みと酸味のバランスが絶妙なソースとテンペカツの相性が抜群で、とても美味しくて、ボリュームも大満足! 味はしっかりついていますが、ヘルシー素材を使っているせいか、お腹いっぱいになっても、もたれる感じはありません。

ヘルシーだから食べるとかではなく、理屈抜きに、ただ美味しくてリピートしてしまう一品です。


お弁当いらずの手ぶらピクニックにぴったりのロケーション

駒沢オリンピック公園内の店舗では、近隣農家で作られた野菜「せたがやそだち」が使用されます。

また、ファーマーズマーケットや親子の食育イベント、料理教室、ワインや日本酒などのペアリングディナー、犬の飼い主さんの交流イベントなども企画予定だそうです。

駒沢オリンピック公園は、春のお出かけにぴったりのロケーション。お弁当いらずのピクニックとして、ふらりと出かけられるのもうれしいポイントです。

[Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店]

所在地:〒154-0013
    東京都世田谷区駒沢公園1-1-2(西口近く)

TEL:03-5432-7062

営業時間:7:00~21:00

オープン日:2017年3月15日(水)

定休日:なし

こちらも読まれています

春デニムは、ライトブルーのカットオフ

「塗りました感」なし。もともと美肌に見せるファンデ術 #sponsored

我慢しなくていい。フットワーク軽く、好きなことをやる生き方 #sponsored

■ あわせて読みたい

他者から認められることで自分を肯定しようとしている人が増えている #東京ときどき心理学
トランプ批判はもう終わり。ガガは愛をシェアすることにシフトしている #LOVEIN3WORDS
気持ちが伝わる。あなたのおもてなし力は? #深層心理
リビング? 窓辺? 毎朝どこでメイクしてる?
春デニムは、ライトブルーのカットオフ
心軽くしたい。いま、断捨離した方がいいものって? #心理テストまとめ
その動き、ルンバ的! ロボかわいい〜ってなるスーツケース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。