ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

SKE48、史上初となる59人のソロコンサートを収めた映像作品を3月29日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年11月19日と20日の2日間、4公演に渡りSKE48が行なった『みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート ~未来のセンターは誰だ?~』のDVD&Blu-rayが3月29日に発売決定。そのジャケットとダイジェスト映像が同時公開された。
DVD&Blu-ray「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート ~未来のセンターは誰だ?~」 (okmusic UP's)
今作には48グループ史上初、そしてアイドルグループ史上初とも言えるであろう、59人のメンバーによるひとり10分のソロコンサートの模様が収録されている。

11月19日の昼公演では、この日が17歳の誕生日だった松本慈子がトップバッターを務め、ピアノ演奏を披露しファンを驚かせた。続いて後藤楽々は得意な英語で、欅坂46「世界には愛しかない」、AKB48「虫のバラード」、自身の初センター曲「Gonna Jump」を歌唱。トリを務めた須田亜香里は『SKE48では上から3番目の年齢になって、今日なんて楽屋口でスタッフと間違われたんです』と爆笑エピソードを告白しながら「私がオバさんになっても」、そして「君のことが好きだから」の名古屋弁バージョン「君のことが好きだもんで」を披露。アンコールではSKE48の新メンバー8期生の初お披露目が行なわれ、大きな歓声があがる場面も。

夜公演では高柳明音がきゃりーぱみゅぱみゅになりきり「ファッションモンスター」などを披露。東 李苑は三味線の弾き語りで「帰ってこいよ」を力強く熱唱し、大場美奈は乃木坂46の楽曲をメドレー形式で歌唱するなど、異色のコラボも行なわれた。

続く11月20日の昼公演のトップバッターは松村香織。トレンディエンジェルのたかしをゲストに、“トレンディカオタン”というコンビを結成しテンポの良い漫才を披露。佐藤すみれはドラムパフォーマンスに初挑戦し、鎌田菜月のステージには将棋棋士・加藤一二三がゲストとして登場した。高畑結希は6代目三遊亭圓窓や4代目柳屋つばめの演目としても有名な「雁釣り」を落語披露。そして北川綾巴は涙を誘う2人芝居を熱演し、会場からはスタンディングオベーションが起こった。

夜公演では、惣田紗莉渚が宝塚ミュージカル作品『エリザベート-愛と死の輪舞-』から「私だけに」を熱唱。石田安奈はオリエンタルラジオの藤森慎吾と映像で共演し、石田が歌う「スルー・ザ・ナイト」にチャラ男フレーズの合いの手が入り会場を盛り上げた。小畑優奈は48&46グループのアイドルメドレー10曲を衣装早着替えにて披露。王道アイドルステージに新たな栄のアイドルとなる可愛い“ゆなな”を初認知させた。そして大トリを飾ったのは、エースである松井珠理奈。黒いドレスで「Dear J」他2曲を披露。その後、赤いドレスに早着替えし「赤いピンヒールとプロフェッサー」を圧巻のダンスパフォーマンスで魅了した。

映像作品にはそんなSKE48の59名のメンバーが個性を発揮した4ステージが収録されている。この日限りのレアな公演が収められた本作は、ファン必携のアイテムとなること間違いなしだ。

DVD&Blu-ray『みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート ~未来のセンターは誰だ?~』ダイジェスト映像
http://www.youtube.com/watch?v=ayts47GhTfc

DVD&Blu-ray『みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート ~未来のセンターは誰だ?~』
2017年3月29日(水)発売

【DVD】

SKE-D0056/¥8,000+税

<収録内容>

DISC1~2:2016.11.19 愛知芸術劇場

DISC3~4:2016.11.20 愛知芸術劇場

■商品仕様

・DVD4枚組トールケース

・リーフレット(2折)

・生写真1枚(ランダム封入)

【Blu-ray】

SKE-D0057/¥10,000+税

<収録内容>

DISC1~2:2016.11.19 愛知芸術劇場

DISC3~4:2016.11.20 愛知芸術劇場

■商品仕様

・Blu-ray4枚組トールケース

・リーフレット(2折)

・生写真1枚(ランダム封入)

松井珠理奈 (okmusic UP's)
小畑優奈 (okmusic UP's)
佐藤すみれ (okmusic UP's)
松村香織 (okmusic UP's)
大場美奈 (okmusic UP's)
高柳明音 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。