ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ただのテキスト入力端末を超えるポケットサイズのPDAキーボード「Gemini」、通話やデータ通信可能なマルチ機能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Geminiスマートフォンやタブレットですっかり定着したタッチスクリーン機能。感覚的な操作ができるのは便利なものの、文字入力にはあまり適さないのが難点だ。

・テキスト入力が多い人におすすめ!

テキスト入力が多い人、ビジネスでドキュメントやメール作成を頻繁におこなう人なら、手のひらサイズのクラムシェル型PDAキーボード端末「Gemini」がおすすめだ。4G、WiFi&Bluetoothに対応しており、データ通信と通話の両方ができるという。

・コンパクトなのに驚きの多機能ぶり

Gemini3PCのキーボードでおなじみのQWERTY形式で、ちゃんとキーをタッチした感覚を再現。

それなのに、大きさは17.1 x 8.0 x 1.35センチメートルというポケットに入るサイズで、重さは400グラム。

コンパクトながらワイドなスクリーンは5.7インチの高画質で、タッチスクリーン機能に対応。

加速度計やコンパスなどの各種センサーを内蔵。マイク、ステレオスピーカー、カメラ、USB-Cコネクタ2つ、ヘッドフォンソケット、SDカードスロットのほか、ボイスアシストを起動するボタンを搭載している多機能ぶりだ。

Gemini2Android OSで起動するが、オプションでLinuxのデュアルブート環境に対応させることもできる。

・長寿命のパワフルバッテリー

1度の充電で、スタンバイモードだと約2週間、通話で12時間もつ。パワフルな8000mAhの長寿命リチウムイオンバッテリーを搭載しているのも心強い。

マルチ機能のPDAキーボード「Gemini」が、あなたのモバイルライフを変えてくれるかも? 現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中。

Gemini

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。