ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米ALチャートで史上初の快挙!フューチャーが最新インタビューでザ・ウィークエンドやリアーナとのコラボやグラミー賞を語る「可能性は無限」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米ALチャートで史上初の快挙!フューチャーが最新インタビューでザ・ウィークエンドやリアーナとのコラボやグラミー賞を語る「可能性は無限」

 2017年2月17日に5thアルバム『フューチャー』を、その1週間後の24日に6thアルバム『HNDRXX』(ヘンドリックス)を連続リリースしたフューチャー。『フューチャー』は2017年3月11日付米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューを果たし、最新チャートでは『HNDRXX』が首位デビューし、『フューチャー』はたった1ランクダウンの2位につけ、史上初の快挙を果たした。

 3月2日(現地時間)にロンドンで行われたリーボックとのコラボ・スニーカー発売イベントに出演したフューチャーは、プライベート・ジェットでニューヨークへ移動中の機内で米ビルボードのインタビューに応じた。

◎あなたは2週間で2枚のアルバムをリリースしましたが、もし『HNDRXX』がBillboard 200チャートで首位デビューを果たした場合、2作連続で首位デビューを果たした初のアーティストになります。各アルバムはフューチャーのどの面を表現しているのですか?フューチャー:『フューチャー』は自分の過去とこれまで経験した全てのことを表している。クラブの面を反映しているからもっとアップテンポだ。『HNDRXX』はもっと私的な面を表していて、今の自分になるまでの個人的な経験を元にしている。

◎連続でファンにアルバムを届けようと閃いたのはいつ頃でしたか?
じっくり考えた上でこれをやろうと考え始めたのは去年の夏の終わり頃から。どうやってリリースしたいのか、その頃から考え始めた。

◎各アルバムがチャートで成功する自信はあったのですか?
他にも色々たくさん音楽が発売されているから、リリースのタイミングとしては(チャートの結果が)どうなるか分からなかった。作品をどのタイミングで、どれくらいの間隔で出せばいい(結果になる)のかなんて分からない。

◎近く3枚目のアルバムをリリースするのではとの噂もありましたが、今年中に作品を発表する予定はありますか?
今のところはない。

◎『HNDRXX』ではリアーナとザ・ウィークエンドと再びコラボしています。この各アーティストのどのような面があなたの創造的プロセスを刺激するのですか?
ザ・ウィークエンドの「カミン・アウト・ストロング」は『HNDRXX』のコンセプトを要約したような楽曲だった。あれがあったから(自分の人生について)語り尽くしたくなった。あのアルバムに収録することに決めた最後の方の曲だったな。リアーナとのコラボ(「セルフィッシュ」)は、まず曲を彼女に聞かせることから始まった。すると彼女はすごく気に入って、“この曲に参加したい”って言うから、スタジオでボーカルを録ってみたら最高の結果になった。

◎チャンス・ザ・ラッパーとニッキー・ミナージュとのコラボはどんな感じになりそうですか?
俺はただ、様々なアーティストとつながって、一緒に創作して、コラボすることで、自分の創造性のレベルをどれだけ上げてもらえるか知りたくて、広げてみたいだけなんだ。

◎それでアリアナ・グランデやマルーン5とも曲でコラボしている理由が分かりました。フューチャーと抜群のコラボができそうなヒップホップ以外のアーティストはいますか?
コールドプレイかな。すごくメロディアスで、歌詞もシャレが効いてるし、(コラボしたら)最高に際立った曲になると思う。と同時に、誰とコラボしてもまずはいい曲にすることを心がけてる。

◎この2作品でチャートの新たな歴史を刻むと同時に、【グラミー賞】にノミネートされたいと思っていますか?
うん、そうなるといいね。可能性は無限だ。一番いい結果を望んでいるよ。

◎記事関連投稿
https://www.instagram.com/p/BRJ8hTFALYt/
https://www.instagram.com/p/BQwHsHkDQse/
https://www.instagram.com/p/BRCvWjVAdJi/

関連記事リンク(外部サイト)

リアーナやザ・ウィークエンド参加!ポップ路線の2週連続リリース第2弾/『HNDRXX』フューチャー(Album Review)
【米ビルボード・アルバム・チャート】フューチャーのセルフ・タイトル作が堂々の初登場1位
全米チャート初登場1位濃厚! フューチャーの想いが詰まった初のセルフ・タイトル作(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。