ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【発車します】バス・鉄道ファン必見のマニアック居酒屋「ぽぷら」に潜入【北海道・札幌】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170207113949j:plain

発車しますのでご注意ください。

バスの中にいるような雰囲気ですが、ここ。

喫茶店であり、夜は居酒屋さんなのです。

なんともマニアックなお店を見つけました。

札幌にある「鉄道喫茶・居酒屋 ぽぷら」です。

店内は鉄道エリアとバスエリア!

大きなジオラマで電車が走っていたり、

実際にバスの運転手さんのように機器を操作できたりと……。

摩訶不思議空間が広がっているではありませんか!

地下鉄・南郷13丁目駅のすぐ近く

f:id:mesitsu_lc:20170207114000j:plain

高校時代は各駅停車の普通列車で通学。

駅から学校までも遠くて、そこからさらにバス。

そんな思い出たくさん、メシ通レポーターの裸電球です。

今回はそんなファンのみなさんに届けたい一軒をご紹介します。

かなりマニアックです。

しっかりついてきてくださいね……。

それでは、発車します!

f:id:mesitsu_lc:20170207114001j:plain

次の停車駅は「鉄道喫茶・居酒屋 ぽぷら」

今回の目的地です!

このビルの地下にお店を構えているとのこと。

f:id:mesitsu_lc:20170207114002j:plain f:id:mesitsu_lc:20170207113959j:plain

鉄道もバスもよく利用しますが、

なんの知識もない私みたいのが紛れ込んでいいのでしょうか。

入り口で「鉄道クイズ」とか出されたらどうしましょう。

「キハ」と「モハ」の意味を説明しなさい。

正解しないと入れません、みたいな……。

いらない妄想をしながら階段を下ります。

怖いです。

お店は予約制のため注意

f:id:mesitsu_lc:20170207113958j:plain f:id:mesitsu_lc:20170207113957j:plain

そうなんです。

現在、「ぽぷら」は「完全予約制」スタイルなのです!

お店を訪れる前に電話をしましょう。

それでは、店内に潜入です!

f:id:mesitsu_lc:20170207112623j:plain

ジオラマがあります!

電車がシュポシュポ走っているではありませんか。

お店の半分以上を占める大きな作り!

鉄道模型の愛好家が夜な夜な集まって、

自慢の電車を走らせているんですね。

f:id:mesitsu_lc:20170207112620j:plain

新幹線に沸く北海道。

私はまだ、本物を見たことがないんですよ。

ジオラマのマチをさっそうと走る姿。

かっこいいです!

youtu.be

f:id:mesitsu_lc:20170207112622j:plain

昭和52年頃の厚別副都心を再現しています。

懐かしいという方も多いのではないでしょうか。

私も小さい頃、連れて行ってもらった覚えがあります。

当時の街並みに北海道新幹線。

いいですね〜!

店長の菅原さんがいろいろと教えてくれるのですが、

なんと出演NG!

これは、お店に行くしかありませんよ。

しっかり食事も楽しめます

f:id:mesitsu_lc:20170207112612j:plain

▲飲み放題付き・すきやき宴会コース 1人3,500円(5名〜)

今回はすきやきのコースをいただきます!

同じ趣味を持つ仲間が集まってグツグツ。

いいですね〜。

f:id:mesitsu_lc:20170207112609j:plain

そんな話で飲む酒はきっと最高でしょう!

家にこれほど大きなジオラマは作れないと、

みなさん、ボストンバック一杯に電車を持ってくるんですって。

それを走らせながら、ゴクリ!

情報交換をして、ゴクリ!

珍しい!「バス」の部屋がある

f:id:mesitsu_lc:20170207113956j:plain

鉄道をモチーフにしたお店はあっても、

バスってなかなかないですよね!

個室は車内のようになっているんです。

f:id:mesitsu_lc:20170207113954j:plain

ステップを上がります。

こういうところまで、しっかりバスです。

鉄道ジオラマブースよりも、

もっともっとマニアックな空間の予感がします!

f:id:mesitsu_lc:20170207113952j:plain

うわ、バスの座席じゃないですか!

二人掛けと一人掛けのシートが並んでいます。

バスファンはよだれものですよね。

こんな空間で飲めるんですから。

f:id:mesitsu_lc:20170207113953j:plain

誰でも運転手気分を味わえます。

周辺機器も本格的!(全然詳しくないので小声……)

f:id:mesitsu_lc:20170207113946j:plain

懐かしい!

今はカードでピッとやるのが主流ですもんね。

こういうの、手に入れることできるんですね〜。

店長の菅原さんは小さな頃から収集しているんですって。

お店に並んでいるのものが全てではなく、まだまだあるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170207113948j:plain f:id:mesitsu_lc:20170207112634j:plain

これ……飾りじゃないんですよ。

例えばバスの前面につける案内板。

お客さんは自由に動かすことができるんです!

最近はLEDになって見かけなくなりましたよね。

貴重な体験です!

youtu.be

f:id:mesitsu_lc:20170207112628j:plain

バスの中に煮魚

ありえない光景が広がります。

バスと煮魚。

まさか共演するとは。

f:id:mesitsu_lc:20170207112625j:plain

現役のバスの運転手さんもくるんですって!

ヘッドセットをつけて、実際に披露するんだとか。

さらに、「バスの声」ってあるじゃないですか。

「次、停まります」「どこどこが便利です」みたいな。

そのアナウンサーが来たこともあるそうで。

いや〜、マニアック(笑)

バス・鉄道好きは是非!

f:id:mesitsu_lc:20170207112619j:plain

自分の電車を走らせるもよし。

熱い鉄道トークで盛り上がるもよし。

バスの運転手ごっこもよし。

お子さんも是非とのことです。

いますよね、大好きな子どもさん!

きっと喜ぶと思いますよ!

f:id:mesitsu_lc:20170207112615j:plain

▲飲み放題付かじか汁宴会コース 1人3,500円(5名〜)

ちなみにすき焼き以外にも宴会は楽しめます!

こちらも人気という「かじか汁」です。

同じ趣味の仲間と鍋をつつくのもいいですね!

身体の芯から温まります。

f:id:mesitsu_lc:20170207112613j:plain

日常を忘れる。

まさにそんな雰囲気です。

「鉄道喫茶・居酒屋 ぽぷら」。

お仲間お誘いあわせのうえ、いかがですか?

楽しい夜になること間違いなしです!

私もちょっと好きになっちゃいましたよ。

バスの運転手さんのまねしながら、ヘベレケです。

「終電」逃しちゃいそうなことに、こんな空間で気づくとは。

「明日に向かって発車します!」

お店情報

鉄道喫茶 居酒屋 ぽぷら

住所:北海道札幌市白石区本郷通13-南1-3ストーンヒル本郷13 B1F

電話番号:050-1444-0554

営業時間:完全予約制のためお問い合わせください

定休日:不定休

ウェブサイト:http://takuhoku.wixsite.com/poplar

※この記事は2017年2月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

肉の塊がドーン! 砂川市・笑飛巣の「ポークチャップ」がすごい!【北海道】
【怖い】悪人顏の店主が作る料理がうまい「酒房 裕一」に潜入【北海道・旭川】
困ったら潜れ! 地下で見つけた中華の楽園「天壇」でヘベレケ【北海道・札幌】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。