体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金融・IT・財務会計のキャリアを捨て、「ステキ」な雑貨の輸入事業にシフト――ステキ・インターナショナル株式会社 代表取締役 島影将さん【起業家たちの選択と決断】

証券会社で営業。公認会計士資格を目指して勉強。IT企業の経営企画室でIPO(新規株式公開)業務を担当。ネット企業の役員として2社のIPOを達成。アメリカに2年間留学。Eコマース企業を設立――。社会に出て十数年の間に、島影将さんのキャリアはめまぐるしく変化した。

そんな島影さんが現在経営者として手がける事業は、フレグランスやコスメといった生活雑貨の輸入商社。以前のキャリアからはかけ離れているビジネスにたどり着いたプロセスには、どんな選択と決断があったのだろうか。

f:id:tany_tanimoto:20170303173559j:plain

ステキ・インターナショナル株式会社 代表取締役 島影将さん

これまでの「得意」や「専門」にとらわれず、次の道を選択

「人生の節目で選択や決断をするとき、『これまではこうだった』にはとらわれないんです。そのときそのときで、先を見すえたときにベストだと思う道を選んできました」

―そう振り返る島影さん。

最初に大きな選択をしたのは、大学の進路選択だった。数学は大の苦手だが、英語の成績は上々。通常なら文系学部に進むところだが、たまたま「バイオテクノロジー」に興味を持ったことから、理系に転換した。志望先の農芸化学科は、二次試験科目に英語はない。「英語なら点数を稼げるのに、受験で活かさないなんてもったいない」という友人たちの声も気に留めなかった。

必死に勉強して苦手な数学を克服し、志望学部への入学を果たした島影さん。ところが、大学卒業後、バイオテクノロジーとはまったく異なる道に進む。就職先として選んだのは、野村證券だった。

「そのときは、もっとも自分を成長させる方法は何かを考えていたんです。出した結論は、『日本一厳しい会社で働くこと』。大学で学んだ知識を活かすことにはこだわりませんでした」

常識や既成概念にとらわれない姿勢は、進路選択だけでなく仕事のスタイルにも表れていたようだ。上司から「この商品を売ってこい」と指示されても、「それは本当に顧客にとってベストなのか?」と疑った。より顧客のためになる投資手法を独自で考え、顧客に提案した。

「勝手なことをするな」と毎日のように上司から叱責されても、お構いなしだった。実際、バブル崩壊後で株式市場が冷え込み、多くの投資家が損失を被る環境下で、島影さんの顧客は利益を挙げ続けられたという。

転機が訪れたのは証券営業を務めて3年目、25歳のとき。「このままではいけない」と痛感する出来事に遭遇した。

ある顧客に対して節税対策の手法を提案したが、まともに取り合ってもらえなかった。そこで、税理士資格を持つベテラン社員を連れていったところ、その顧客は態度を一変させ、資産情報や悩みをあらいざらいその社員に打ち明けたのだ。

「専門知識を高めなければ顧客の信頼を得られない」と痛感した島影さんは、公認会計士の資格取得を決意する。

ネット業界に飛び込み、「IPOのプロ」として駆け上がる

それから1年半の間、専門学校に通い、1日15時間勉強。しかし、短答式試験には合格したものの、論文試験で落ちてしまった。翌年再チャレンジする道もあったが、無職期間を長引かせることをよしとせず、再び働き始める。

つなぎとして就いた仕事はビルの警備員。併行して、資格スクールで証券アナリスト資格の模擬試験問題作成のアルバイトをして、月に40~50万円稼いだ。

「その気になれば、この社会は食うには困らないんだな、と思った。そこで開き直ることができたのはよかったですね。チャレンジすることに不安を感じなくなりました」

1年かけて、親から援助してもらっていた資金を返済すると、再就職活動をスタート。公認会計士の資格取得には至らなかったが、会計の知識を活かす道を探り、IPO(新規株式上場)要員を募集している企業に狙いを定めた。

「実務未経験者は採らない」と門前払いになった企業もあったが、あるベンチャー企業で自分の想いを語ったところ、「あなたのような人を待っていた」と1回の面接のみで採用された。それがGMOインターネット(当時:インタキュー)だ。

IPOプロジェクトチームの一員となった島影さんは、会社に泊まり込んで働く日々を過ごした。そして、入社から1年11ヵ月後にIPOを達成。以降、子会社の役員に就任し、2社目のIPOを手がけた。会社設立から364日で上場という、当時の史上最短記録も打ち立てた。年収は入社当時の3倍以上に達した。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。