体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド

アムステルダムの移動手段と言えば、路面電車(トラム)は欠かせません。地図を広げると町の中心部を縦横斜めと線路が走っていますので、気軽に使えるようになれば旅人にとってもすごく便利ですよね。

ただ、知らない街の路面電車は、国内であってもちょっと使うときに緊張します。まして海外で使うとなると、「大丈夫かな?」「ちゃんと目的地に着くかな」とドキドキしてしまいますよね・・・。

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
そこで今回はアムステルダムを旅した筆者が、路面電車を乗り回して使い方をチェックしてきましたので、大まかにまとめたいと思います。

チケットの購入方法は?

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
朝も早くから日付が変わるくらいまで、街の中を元気に走り回るアムステルダムのトラムですが、そもそもどのようにチケットを購入すればいいのでしょうか?

購入場所は大まかに3つ。

(1)アムステルダム中央駅の駅前広場にあるGVB(市営交通案内所)

(2)電車の中

(3)自動券売機

旅行者にとって最も分かりやすい場所と言えば、駅前のGVBか電車の中です。GVBではチケットを欲しいと言えばくれますし、目的地を言えば、何番線の電車に乗るべきかも教えてくれます。

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
一方でチケットを持たず、今居る場所からひょいと乗りたい場合は、シンプルに車内で買ってください。車内に設けられた専用ブースで乗車券を買える場合もあれば、運転士に直接お願いする場合もあります。

運転士にお願いする場合は、電車の先頭近くで待ち、電車が停まったら一番先頭の扉から入ってチケットを買ってください。

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド

チケットの種類は?

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
車内で買えるチケットの種類は、

(1)1時間チケット・・・2.90ユーロ

(2)24時間チケット・・・7.80ユーロ

(3)48時間チケット・・・12.50ユーロ

があります。上述した市営交通案内所などでは、3~7日券まで購入できるようになっています。

外国語が苦手な人はあらかじめぴったりの金額を用意して、車内や市営交通案内所などでチケットの料金表を指させば、乗車券を出してもらえますよ。

路面電車の乗り方

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
希望の路面電車に乗りたいときは、駅で軽く手を上げて路面電車を止めてください。他にたくさん待っている人が居れば勝手に停まってくれますが、そうでない場合は手を上げたり、運転士の近くの扉をノックしたりして止める必要があります。

扉が開いて中の乗客が降りきったら、順次入ってください。入り口のタッチパネルにチケットをかざして、音が鳴ったら手続き完了です。ピンク色の丸のタッチパネルが入り口の左右にありますので、どちらかを利用してくださいね。

【アムステルダム】旅の前に予習!路面電車(トラム)の乗り方ガイド
自分の希望の行先にきちんと着くのか、トラムの路線を調べるときは、トラム駅に張り出されているマップや市営交通案内所に置かれている路線マップをチェックしてください。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。