ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

国産米を使った本格タイ料理

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月3日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、国際結婚をした夫婦が営む繁盛店について特集したコーナーの中で、リポーターのやない由紀さんがタイ料理店の「バイトーンク」(東京都渋谷区)を訪れた。

本格的なタイ料理が食べられる同店は精米店の中に店を構えており、メニューの米には全て国産米を使用している。
やない由紀さんは、海老などの具材が入った酸っぱ辛いトムヤム味のチャーハンの上に目玉焼きがのったメニューの「トムヤムクンチャーハン」(ランチ870円/税込み)を注文。スプーンでチャーハンを掬ったやない由紀さんは「どうなんでしょうね日本のお米で作った・・・」と言いながら口に運び「あっ、合います」と頷いた。「最初に甘~いこのタレの味わいがくるんですけど、お肉もしっかりね~味が付いてるし、野菜もシャキッとしてて、一粒一粒のご飯のね食感が感じられて、タイ米に確かに似てます、不思議~」とコメントした。

他に同店では、鶏肉をタイの醤油と唐辛子などで炒めて甘辛い味付けに仕上げた「ガバオ・ライスセット」(ランチ870円/税込み)、ココナッツミルクやハーブ、スパイスを使用した「グリーンカレーライス」(ランチ870円/税込み)、お米の麺や豚肉、野菜を使った「タイ式米麺」(ランチ870円/税込み)などを食べる事が出来る。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:バイトーンク(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介
ぐるなび検索:新宿×アジア・エスニック料理のお店一覧
相撲パワーを味わう「ちゃんこ鍋・霧島味」
多彩な具材の食感と〆に構える優しい茶漬け「ぜいたく丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。